私の好きな詩・言葉(95) 「Penis from Heaven」 (小池 昌代)   

大きく広げた男の股の中心に
女がおずおずと手を触れる
男は大きくて
頭の髪の毛がはげかかっている
女は分裂症
美しい魂の持ち主で

「どうしてここまで男をさけられた?」

と男に尋ねられるような女である。
初夜のベッドで、

(ほら、見てみな)
(さわってみな)

そんなことを
ことばには出さないのに
やさしい男が思っていて
自分の一物と女とを
見比べるところ、よかったなあ
映画のはなしだ
あんな美しい場面はないと思う
あんなやさしい場面はない
ある日
つらいことがあり
気持ちのふさぐ日
なんということはなく
とても自然なうごきで
私のなかに
あのシーンがよみがえってきたことがあった

(ほら、見てみな)
(さわってみな)

そのとき
女の手がのびるかわりに
私のなかから手がのびて
なにかとてもあたたかいものに指が触れた
ほの暗く
どの場所よりも深い、人間の股
その股を
あんなふうに押し広げられる男とは
いったい、どういう人間なのか
映画のなかの
人間の経験は
そのとき
私のなかでよみがえり
おしつぶされた私を
そのまんなかからあたためてくれた

「(自分との)結婚で、(彼女は)なにもかも花開いたと思わないか?」

私のなかからそっと伸びた手
そして
あたたかい陰茎に触れた触感のイメージ
これら、恩寵のようなやさしさは
いったいどこからやってきたのか

たとえば
春、雪の下からふいにあらわれる
ふてぶてしい、黒土のような
たとえば
沸かしたての、あたらしい湯のような
けれど
どんな比喩も届かない
あれこそは
生の芯
そのものだった


( 『現代詩文庫 小池昌代詩集』 より)




ひと言

小池昌代は大きい詩人だと思う。人間の股という一番暗くて秘密の部分と自分がどのように関わっているかを詩に書くことによって、人間の存在をどのようにとらえているかを伝えている。

ある日、とても気持ちのふさぐ日にある映画の男女の初夜のシーンを思い出す。このシーンを回想し、その中に自分を投入させることによって、不確かになりかけていた自分の存在を確認する。そこには生命を包み込む大らかさがあり、大地に根が張ったような確かさがある。そして、それは「たとえば/春、雪の下からふいにあらわれる/ふてぶてしい、黒土のような/たとえば/沸かしたての、あたらしい湯のような/けれど/どんな比喩も届かない/あれこそは/生の芯/そのものだった」である。小手先のどんな比喩も及ばない。

(小池昌代を5回続けてご紹介しましたが、これでしばらく休むことにします。)


小池 昌代(こいけ まさよ)

1959年東京・深川生まれ。幼年時より、詩という概念に心惹かれ、いつか言葉によって、詩を書きたいと切望した。第一詩集 『水の町から歩きだして』 (1988)以後、『青果祭』 (1991)、『永遠に来ないバス』 (1997、現代詩花椿賞)、『もっとも官能的な部屋』 (1999、高見順賞)、『夜明け前十分』 (2001)、『雨男、山男、豆をひく男』 (2001)。エッセイ集には『屋上への誘惑』(2001、講談社エッセイ賞)。このほか、数冊の絵本の翻訳がある。

1995年、「音響家族」創刊。1989年~1999年にかけて、林浩平、渡邊十絲子とともに、詩誌「Mignon」を作り、2002年からは、石井辰彦、四方田犬彦をメンバーとする「三鷹2」に参加した。

( 『小池昌代詩集』 より抜粋)
[PR]

by hannah5 | 2007-01-15 01:34 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(9)

Commented by aki at 2007-01-16 17:50 x
 温度が詩から伝わってくるような。懐のあたたかさにに似た。真まであたためてもらえるような…寄り添われたような…んー、確かにどんな比喩も追いつかない。。。(笑) 大きな大きな生の詩、じんとしました。
Commented by hannah5 at 2007-01-16 21:48
☆aki さん、真正面からまっすぐに見つめるような
肝をぐいとつかまれるような、そんな詩だと思います。
こんな詩が書ける小池昌代さんはすばらしい。
Commented by nagiwo at 2007-01-17 19:37
生の芯、なんて言葉を始めて目にしました。
ともすれば人が後ろに隠してしまうようなコト、部分、行為、
こんなにもドン!と温かく強く表現されていると
心地良くて目をそらせないですね。
Commented by hannah5 at 2007-01-17 23:58
☆ナギヲさん、そうですね。
だからかえって私たちの心に響くのでしょうね。
生の芯、私も始めて目にする言葉です。
でも、的を得た言葉だと思いませんか。
Commented by mako at 2007-01-18 00:09 x
生の芯、男の私がいうのもなんですが、やはり男のシンボルなのでしょうか。昔の中国の宦官は、睾丸は切除しても陰茎は残したみたいですし。
Commented by mako at 2007-01-18 00:31 x
今ちょっとネットで調べたら、宦官の去勢の場合、陰茎も切り落とすそうです。一般に去勢といえば、睾丸を失うことをいいますが。性転換手術の場合はどうなんでしょう?
Commented by gauche3 at 2007-01-18 14:07
いい詩ですね。
詩の中の一番強烈な言葉は使わずに、あえて題名を英語にされているのですね・・
詩を読み終えて、最後にもう一度題名を読んで、美しい映画を見終えたような感覚を覚えました^^
Commented by hannah5 at 2007-01-19 00:59
☆mako さん、中国の宦官のことはよく知りません。
性転換手術のことも。
すみません。
Commented by hannah5 at 2007-01-19 01:01
☆猿夫さん、いい詩でしょう?
女性が感じる安堵感、でしょうか。

<< 二十代がうっとうしかった ハンバーガーショップ >>