お知らせ   



b0000924_1440613.jpg


詩学社からお知らせをいただきました。

代表取締役の寺西幹仁さんの健康上の理由で、
詩学社を廃業することになったというお知らせです。
詩学社から出されている「詩学」は1947年に創刊され、
60年続いてきた詩誌の老舗です。
詩に対して真面目で純粋なものが感じられ、新人賞を設けたり、
最近は朗読会を行うなど、積極的な活動を行っていました。

「詩学」は一部の一般の書店では取り扱っていなかったようですが、
知る人ぞ知る詩誌で、毎号読むのを楽しみにしていました。
詩学社がいつかまた再興されることがあるでしょうか。

寺西さんの健康が回復されますよう、お祈り申し上げます。

それにしても、本当に残念です。
[PR]

by hannah5 | 2007-10-11 14:37 | ご挨拶 | Comments(6)

Commented by ふあ at 2007-10-11 15:10 x
こんにちは。
中心に活動されていた方の引退は失うものが多いですね。
意思を受け継ぐ方がみえると良いのですが。
活字離れやネットの影響で、印刷物の販売が難しくなったと聞きます。
今後は印刷物も時代の流れに沿った変革が必要なのでしょう。
ここは、はんなさんが手を上げて一肌脱ぐしかないかも?
そうすれば、寺西さんも安心して静養できるでしょう ^^
Commented by hannah5 at 2007-10-12 10:14
◆ふあさん、私も思わず、「ここに我あり!何なりとお使いくだされ!」って言いたかったんですけどね、微力の私としては、「待って~~」くらいしか言えなかったんです(笑)
まあ、それは冗談として、印刷物はモノによっては売れているんでしょうけど、「詩学」のように純然たる詩だけというのは売れないんでしょうね。
「詩学」がなくなるのはさびしい限りです。
Commented by せいら at 2007-10-12 17:04 x
一般の書店でも扱ってます(^^; 商業誌なので……。
Commented by hannah5 at 2007-10-13 00:47
◆せいらさん、こんばんは。
そうですか?
私が行った大手の書店では2箇所とも、
「これはマイナーなのでうちでは扱っていません。
直接出版社から取り寄せてください」と言われました。
それで、直接定期購読していたのです。
Commented by せいら at 2007-10-15 05:56 x
扱っていないっていうのは、
「うちでは売れないので扱わない」ということで、
一般の書店全てで扱ってないっていう意味じゃないです。
雑誌コードがついてる書籍だからシステム上ほんとは注文票を出せば入荷はできるんです。

ただ、書店の中にはもともと詩自体に関心のない書店もあるので、
そういうところへ行くと冷たくあしらわれることがあるということです。
売れなさそうな本は面倒なので入れないっていう……もうけ主義というか……。
システムじゃなくて店側の人間の都合です。

わたし家が書店だったので仕入れもやってたので……。

ちなみに今わたしの住んでる地域ではどこの書店も取り寄せできたけど。。。

でもそういう書店もあるから広がらなかったんかもな……。
Commented by hannah5 at 2007-10-16 12:22
◆せいらさん、お返事ありがとう^^
そうなんですか。
「詩学」はどこでも入手不可能なんだと思ってました。
私が行ったのは紀○国屋と大○堂という東京でもかなり大きな書店です。
大○堂の方は2、3年前、紀○国屋は去年です。
両書店とも、詩学社といってもしばらくピンとこなかったみたいです。
取り扱い出版社の名簿リストを見て考えてました。

そういう書店があるからというより、詩学社の経営が上手くなかったんだと思います。
もっといろいろ宣伝したり、広告を載せたりしていけばなんとかなったかもしれませんが、ただでさえ詩が売れない時代にあって、純粋に詩だけの詩誌というのは本当に詩が好きな人しか買わないんじゃないかな。。。

上の文章、「一般書店では」云々の部分、書き換えておきました。

<< Uncontrollable ... 青い虫 >>