Poetry Voice Circuit ~ 野木京子さんの朗読会   


3月25日(火)午後7時から、野木京子さんの詩の朗読会があり、行ってみました。野木京子さんは詩集『ヒムル、割れた野原』で第57回H氏賞を受賞した方です。H氏賞という大きな賞を受賞されたにもかかわらず、受賞の時の野木さんの言葉にはひっそりとした感じがあって、印象に残っていました。

朗読会の会場となったギャルリー東京ユマニテは銀座線京橋駅から歩いて1分ほどの所にありました。会場に着くと、来会者はまだまばらで、黒いドレスの小柄な女性と目が合いました。すぐに野木京子さんとわかり軽く会釈すると、野木さんも小さく微笑んで会釈をされました。開演まで少し間があったのでトイレに立ちましたが、そこで野木さんと体面することになり、正式にご挨拶となりました(笑)。

野木さんの朗読は凛とした緊張感があって印象的でした。本を右手に持ち目線と同じ高さまで上げ、構えるような姿勢で声を張って朗読されました。次々と読まれる言葉を聴きながら、野木さんの小さな体から溢れるように零れ落ちる言葉が私の胸を揺らすので、私は目を開けて聴いていることができませんでした。

朗読会の後は二次会に誘っていただき、野木さんとPoetry Voice Circuit のプロデューサーの天童大人さんと来会者数名が参加されました。(なんとここで、『数式に物語を代入しながら何も言わなくなったFに、掲げる詩集』(思潮社の2006年現代詩新人賞受賞)の中尾太一さんに出会いました。ミーハーよろしく早速サインをもらいました。)終始大きな声で檄を飛ばすハバネロ(あの辛いスナック)みたいな天童さんとさりげなく気を遣ってくださる優しい野木さんの間に坐って、夕べは思いがけず楽しい時間を過ごさせていただきました。野木さん、天童さん、中尾さん、それから二次会で出会った方たち、ありがとうございました。





  振動、音粒の空


遠くで鳴っているよ
だれかのてのひらがすくいあげた
遠い飛沫の音が
かすかにこちらへ響いて
遠くで鳴っている
空を震わせながら透いた飛沫の音はふりそそいで
その音粒をわたしは内にしまいこんだ
そのなかには別の人の音がしまいこまれていたから
それらは連綿と続いた
消えてゆくものたちが恩寵の
小さな音を流している
どこかに埋められている
やさしい骨たちは静かで
わたしが知らなくても
地の粒のすきまから
響きを上にあげて
風に混じって空へ飛んだあと
ふりそそいでいる
どこにもいなくてもどこにもいるものみたいに
なにかを外に流し続けている







  石によろこびがふりますように


からだを低くするのは石を拾いあげるため
耳をおろし、川面の頬に触れた
水に濡れたそれを拾うと
季節は冬で、風にはうすく光が混じって
私は冷えた石を握って
乗り物に乗り
別の、遠くの、静かな川へ運んだ
からだを低くするのは気づかれずにそれを
別の、遠くの、静かな河原の石に、混ぜて置くため

よろこびだけが、人と、人でないものとを支えている
そこにはだれも姿がなくて私は、影と擦れ違った
空が円く笑い
影は風に乗って流れるように走り
木陰に溶けたり、地に沁みこんだりしていた
私と影は、その日、うすいよろこびの中にいた

覚えていますか
覚えていますか

覚えているはずもないのに ――
世界は石の記憶の中で眠るようなものだから
はじめからなにも持っていなかったのだから
なにも持たないまま消えていくことをどうぞ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
だれもいなくなって、
この地に石だけが残されたとき
石によろこびがふりますように



                    (詩集 『ヒムル、割れた野原』 より)












野木 京子(のぎ きょうこ)

1957年 熊本県坂本村(現八代市)に生まれる
立教大学文学部英文学科卒
主な著書 『銀の惑星その水棲者たち』 (矢立出版)(1995)、『枝と砂』(思潮社)(2000)、『ヒムル、割れた野原』 (思潮社)(2006)
「マンドラゴラ」 「スーハ!」 同人
詩誌「スーハ!」のブログ: YOKOSION BLOG
野木京子さんのブログ: 石と空と海
                         (「詩学」2007.6より抜粋)         
[PR]

by hannah5 | 2008-03-26 23:46 | 詩のイベント | Comments(2)

Commented by のぎ at 2008-03-27 21:21 x
はんなさん、ありがとうございます。それからチロルチョコのこと、本当にごめんなさい。またお会いできますように。ありがとうございました。
Commented by hannah5 at 2008-03-27 23:35
♯野木さん、こちらこそ素敵な時間をありがとうございました。
チロルチョコレートはひじょーに残念でした(><)

。。。。。。

ふふふ
大丈夫です!
この次を楽しみにしていますよ♪

<< べつに あなたが聴こえる >>