アドレッセンス 2   


そういえば
わたしも歩いていた
ギザギザの道たち

とんがったり
つんのめったり
激痛にうめいたり
今ならひと言で形容できるそれらが
あの時はそのどれでもなくて
ひたすら分解しては組み立て
組み立てては分解し

そんなふうに
先回りして言われてしまうことが
恐怖でした
       本当は

愛してくれなくてもいいから
わたしを見てください
わたしそのものをちゃんと見てください
あなたが理想とするわたしは
この世には存在しないのですから

わたしには
わたしなりの
息の仕方があるのです

鳥肌のぶつぶつ
潰れたままのしわくちゃ
あなたに見つからないように
あなたのいない所で
わたしを広げる

突然駆け出す
突然転倒する
もんどりうって仰向けに
それでもかまわなかった

何億という細胞が
あなたに奪われてしまった
その中のひと粒を
今夜 わたしは取り返しにいく
[PR]

by hannah5 | 2008-04-24 15:59 | 投稿・同人誌など

<< 春の掲示板です La Voix des poè... >>