トークショー「田村隆一の魅力」   


b0000924_327442.jpg

                     (写真は城戸朱理さんよりお借りしました)


4月26日(土)から7月6日(日)まで、今年、没後10周年を迎える田村隆一の企画展「田村隆一 ~ 詩人の航海日記 ~」が鎌倉文学館で開催されています。その関連イベントとして、5月29日(木)午後2時より、トークショー「田村隆一の魅力」が開催されたので行ってきました。(出演: 田村悦子(田村隆一夫人)、城戸朱理、宮崎京子(鎌倉文学館学芸員)、久能靖(ニュースキャスター、鎌倉文学館理事、司会))

正直に言えば、私自身が荒地の詩人たちから影響を受けたことはまったくありません。長い間、「荒地」という名前を耳にしてきましたが、今の私は荒地以後に登場した谷川俊太郎や大岡信、小池昌代、最近次々と登場してくる現代詩の詩人たちから受けている影響の方がはるかに大きいのです。

しかし、トークショーを見るだけとはいえ、少しは田村隆一の詩集を読んでおいた方が出演者の話が楽しめるだろうと思い、一夜漬けですが、田村隆一の詩集を読みました。

抒情詩が伝統だった日本の詩に、それまでになかったまったく新しい風を送り込み、すばらしい勢いで日本の詩の伝統を変えていった荒地と荒地派の詩人たち。天才的な閃きでその運動を起こし、率先していった田村隆一。この詩人の生涯と詩人がなした仕事の重みを思うとき、私の前にはまだ開けられていない門があって、その向こうに想像を絶するような大きな世界が広がっているのを感じます。「まだ開かれていない門があって」は、そんなことを考えていてできた詩です。

田村悦子夫人のご本人しか知らない逸話が面白かったです。田村隆一は朝からワインを飲み(朝食の時にすでにワインを飲んでいたそうです)、あとは夜寝るまで1日中ウィスキーを飲んでいたこととか、1日中パジャマを着てソファに寝そべっていていかにも怠けているように見えたけれど、そのうち突然一挙に詩を書き上げたこととか(しかも、ほとんど推敲しなかったそうです)、最後まで面白い話が尽きませんでした。「田村の人生は本当に美しかったんです。嫉妬もせず、物欲もなく、成功も望まず、ただ詩を書くことが好きでした。」夫人の言葉が印象的でした。

そして、何事にも深い考察をする城戸朱理さんの話も面白かったです。もっと時間があればもっとたくさん聞けたはずなのに・・・と思いました。



帰途

言葉なんかおぼえるんじゃなかった
言葉のない世界
意味が意味にならない世界に生きてたら
どんなによかったか

あなたが美しい言葉に復讐されても
そいつは ぼくとは無関係だ
きみが静かな意味に血を流したところで
そいつも無関係だ

あなたのやさしい眼のなかにある涙
きみの沈黙の舌からおちてくる痛苦
ぼくたちの世界にもし言葉がなかったら
ぼくはただそれを眺めて立ち去るだろう

あなたの涙に 果実の核ほどの意味があるか
きみの一滴の血に この世界の夕暮れの
ふるえるような夕焼けのひびきがあるか

言葉なんかおぼえるんじゃなかった
日本語とほんのすこしの外国語をおぼえたおかげで
ぼくはあなたの涙のなかに立ちどまる
ぼくはきみの血のなかにたったひとりで帰ってくる

(『言葉のない世界』所収、「田村隆一 ~ 詩人の航海日誌~ 」カタログ所収)

城戸朱理のブログ: イベント告知
トークショー「田村隆一の魅力」








城戸朱理さんのブログでは、田村隆一は朝はワイン、昼はウィスキー、夜は日本酒を飲んでいたとなっていますが、たぶん、私がそのあたりを注意深く聞いていなかったのだと思います。いずれにしろ、1日中酒を飲んでいたことに変わりはありません。田村隆一の写真には、よく田村隆一がウィスキーグラスを片手にしている写真がありますが、悦子夫人によると1日にボトル1本半あけることもよくあったということです。
[PR]

by hannah5 | 2008-05-29 23:20 | 詩のイベント | Comments(2)

Commented by gauche3 at 2008-05-31 00:28
もう20年くらい前ですが、ある出版社が企画したイベントに田村隆一さんがいらっしゃって、「木」という詩を朗読された事がありました。
小さなステージの上で緩めスポットライトを浴びながら、少し恥ずかしそうにご自分の詩を読まれていました。
その詩を読み終えたとき、まるで田村さんが木そのもののように見えて、僕は物凄い衝撃を受けたのを今でも良く覚えています。

酒飲みだったんですね(笑)
ますます、好きになりました^^
Commented by hannah5 at 2008-05-31 14:48
♯猿夫さん、いい経験をされましたね。
詩の朗読って、本で読のとはまた違った味わいがありますね。
まして、詩人が自分の詩を読むとすごくインパクトがあって、猿夫さんが衝撃を受けられたという気持はよくわかります。

ふふ、田村隆一にますます親近感をもたれましたか(笑)

<< いつも詩織に来てくださる皆様へ まだ開かれていない門があって >>