あ、   


あ、
の発見があった
ごはんの仕度をしていた時
突然ゴムが切れたみたいに
パチン!

一瞬、部屋中に電気が流れて
ビリビリと視界が破れた
あ、あ、あ、
理解が雪崩のように落ちてきた

その途端に
あっちこっちに散らばっていたパズルのピースが
いつのまにか行儀よく収まって
一枚の絵になっていた
なるほど、これとこれは隣同士だったか
それとそれは上と下だったんだ

二千五百ピースのジグソーパズルを持っている友人がいる
全部組み立てると落穂拾いの絵になる※
もうずいぶん長いことパズルを組み立てようとしているが
小さなピースの色や形はどれも似ていて
なかなか進まない
あのパズルが落穂拾いになるのは
たぶん、十年先か

私の
あ、
はまだ百ピースくらい
落穂拾いの迫力になるには
あ、
と言ったまま
何回も雪崩に遭わなければならない


ごはんが出来た


今夜は
あ、
が響いて
まだごはんが食べられないでいる


※ミレーの『落ち穂拾い』


(『旋律』第20号初出)







「詩と思想」6月号

「詩と思想」6月号の詩誌評(長谷川忍さん)で『旋律』第20号(長崎ラ・メールの会)を紹介していただきました。私の「あ、」を含む3篇の作品が作品評をいただきました。

私という個人の範疇にあった詩が、いつのまにか私の手を離れて一人歩きをしている。しかも、1年後に再会した詩は私の知らない服を着て他人行儀な顔をしている。久しぶりに読んだ自分の詩にそんな感想を抱きました。パズルの持ち主だった友人にも、この1年の間にいろいろな変化がありました。

最後に。長谷川さん、評をありがとうございました。
[PR]

by hannah5 | 2008-06-05 23:55 | 投稿・同人誌など | Comments(2)

Commented by ふあ at 2008-06-10 17:50 x
こんにちは。
ははは。
はんなさんに、ご飯を作ってもらったら、
いつになったら食べられるか解かんないね ^^
決して、包丁を持っているときには
詩の世界に入り込まないほうが良いよ。
あと、車の運転中とかね。

そっか、ドミノやジグソーと詩って共通点があるんですね。
完成後の作品よりも、製作中のドキドキ感が楽しそう♪
Commented by hannah5 at 2008-06-11 03:46
♯ふあさん、はい、その通りです。
真夜中にご飯食べることになります(笑)
まあ、それは冗談ですが、詩を書く時はわき目もふらずのことが多いですね。
はい、少なくとも私に関する限り、共通点といえるかもしれませんね。

<< 混 沌 いつも詩織に来てくださる皆様へ >>