2005年 01月 31日 ( 2 )   

光のプリズム   

b0000924_1938334.jpg

                 太陽が水の上に落とし物をしていった日
                 僕は取るものも取りあえず
                 その場所に行ってみた

                 きらきらする粒をいくつもこぼしながら
                 太陽は僕が着くのを待っていてくれた
                 太陽が僕に「やあ」と手を上げた

                 僕は光る粒に気を取られてしまって
                 太陽の挨拶なんか耳に入らなかった
                 見ているうちに粒が次々と転がり落ちていくんだ

                 僕は光る粒たちを拾おうと思ったが
                 なんだか急に恥ずかしくなってやめてしまった
                 太陽が僕の顔を覗き込んでいたからね

                 それで、僕はちょっと目を細めながら
                 太陽に挨拶したよ
                 「やあ、ひさしぶりだね」

                 すると、太陽が嬉しそうにぎらりと笑うんだ
                 僕は一瞬たじろいだ
                 それからしばらく動けなくなった

                 気がつくと
                 美しいプリズムが僕の掌に落ちていた

こぼれ落ちた
写真: こーさん
[PR]

by hannah5 | 2005-01-31 19:33 | 作品(2004-2008) | Comments(10)

雲たち   


朝 見たときは ハートの形をしていた

昼 見たら ハートが横に伸びていた

そろそろ夕刻になる今は 伸びたハートが子分を連れてきていた

まだ残っている太陽に照らされて
気持ちよさそうに寝そべっている

空は雲が自由になりたがる場所

好きなように日光浴をしたがるところ


あなたの空へ
[PR]

by hannah5 | 2005-01-31 16:20 | 作品(2004-2008) | Comments(2)