2007年 07月 21日 ( 1 )   

盛況でした hotel ヒポカンス   


いつも活字で読んでいる詩を耳で聴くと、作者は本当はこんなふうに書いていたのだなと思う。今日はスペースwa! で開かれた詩の朗読会 「wa! hotel ヒポカンパス」 に行ってきました。詩誌 「ヒポカンパス」 が主催し、もうひとつの詩誌 「hotel」 が協賛という形を取って、「ヒポカンパス」 の解散記念朗読会だったようです。(「ヒポカンパス」は岡島弘子さん、水野るり子さん、相沢正一郎さんによる同人誌。「hotel」 は野村喜和夫さん、海埜今日子さん、川江一二三さん等による同人誌。)(「ヒポカンパス」は脳の記憶を司る「海馬」の意味。)

「ヒポカンパス」はもともと井上直さんという画家と岡島弘子さん達がコラボで出されていた詩誌らしく、今日は会場に井上直さんの線画のデッサンが飾られ、野村喜和夫さんや岡島弘子さんたちの詩の朗読、そしてジャズと民族音楽をを融合させた創作音楽音を送り出しているROSSAというグループのコラボレーションが披露されました。いつもこういう所に来ると、私の中で波立つものがあります。芸術から発せられるエネルギーと情念のようなものが私に刺激とエネルギーを与えてくれるのです。出演者は相沢正一郎、水野るり子、一色真理、岡島弘子、新井豊美、柴田千晶、片野晃司、井元節山、野村喜和夫、根元明、広瀬大志、海埜今日子、浜江順子、川江一二三(詩)、井上直(”line-line” の線のデッサン)、ROSSA(演奏)でした。(敬称略)

最近、こんなふうに現在活躍中の詩人さんたちの集まりに行くことが多くなってきましたが、今はいろいろな詩人の方たちの詩から詩を学び、エネルギーを吸収していきたいと思っています。そのうち、私もどこかで朗読会をするかもしれません。
[PR]

by hannah5 | 2007-07-21 22:40 | 詩のイベント | Comments(2)