カテゴリ:掲示板時代(2004)( 65 )   

森の精   


とうとう徹夜してしまった
夜が白々と明けてゆく
車の音が聞こえ始めた
遠くで鳥がさえずり始めた

暗いしじまで思ったことが
いつの間にか朝へ移行している
悲しみと嬉しさの交錯した夜を
こらえながら朝を待っていた

そうしてまた森へ帰ってきた
たくさんの思いを引き連れて
森へ来ては息をつき
ひとつずつ心を軽くしていった人々

森の清浄な空気が
倦んだ喧騒に疲れた心を慰め
ただ静かに身を沈めてみれば
優しく包んでくれる森の精

ここで見るのは朝日と
いつも変わらぬ笑顔の住人
今は幸せであることも
不幸せであることも考えず

かすかな心の疼きをそっと解き放ち
森の鼓動に耳をすまし
木々の呼吸に合わせて
安らかな想いに身を預け

(2004年5月)

More
[PR]

by hannah5 | 2004-09-23 05:49 | 掲示板時代(2004) | Comments(2)

銀の鈴   


言葉が透明に輝き始め
心が銀の鈴を鳴らす

言葉がつややかに光り
心が鈴の音に打ち震える

言葉はそっと心を受け取り
鈴は小刻みに震えささやく

言葉は恥かしげに心に語りかけ
鈴は清(すが)しい音を振るわす

言葉が心に舞い
鈴が言葉にささやく

言の葉の思い揺らめき
たおやかな調べかすかに


(7.10)
[PR]

by hannah5 | 2004-09-03 04:28 | 掲示板時代(2004) | Comments(4)

最後の日。。。   

◆ 詩織





        最後は詩織の香りだけ

 

           はんな



このメッセージへの返信一覧を表示

投稿者: hannah5
2004/08/27 05:46:52
メッセージ: 1 / 3

More
[PR]

by hannah5 | 2004-08-31 09:11 | 掲示板時代(2004) | Comments(4)

チャットでちゃっと   

久しぶりのチャット
旧知の人
初めての人 交えて
ひたすら画面を見つめ
タイプ ぱたぱた

音のない世界で
文字だけが頼り
何も聞こえないのに
思いだけがそこにあり
レスを返したり返されたり

チャット久しぶりだし
どうやって話を繋ぐのだ?
緊張しつつ
戸惑いつつ
なんとか話題をつないだ

管理人って案外気を使う
ロムしてもらってもいいのか
無視しない方がいいのか
何を聞いたらよくて
何を聞いたら悪いのか

でも 今夜は
チャットのベテランが
来てくれたからよかった
ありがとう
またね
[PR]

by hannah5 | 2004-08-17 19:26 | 掲示板時代(2004) | Comments(7)

お昼はいかが   

あなたと公園へ散歩に行きましょうか
今日はゆっくり時間が流れています
目覚めた時にあなたがにっこり笑って
そこに立っていてくれたから
一人で目覚めても寂しくなかった

お天気はどうかしらねえ
でも、それよりも
のんびりと歩きながら
あじさいを眺めて
お喋りしながら歩きませんか

しあわせの風がどこからともなく吹いてきた朝
いいことがあるかもしれないという予感がして
心が少しだけおいしくなっていました
さらさらと澄んでくる音がして
見上げてみれば青空は手に届いたのにね

ペパーミントを1枚浮かべた紅茶には
薄切りのハムとトマトとバジルのサンドイッチ
歩き疲れたらお昼にしましょうか
たくさんのあじさいを見ながら
あなたに出会ったしあわせを噛みしめて

(6.5)
[PR]

by hannah5 | 2004-08-10 21:23 | 掲示板時代(2004) | Comments(0)

花火   

花火。。。いいよねぇ~
どっかんとあがって
ぱちぱちぱち!!

一気に花咲かせて
すーーっと消える
その余韻空に残って

じっと見上げたまま
次の花火がまた
どっかあーーん!

花火ってさ
あがるたびに
みんなで「わあ~~~…」ってね

しばらく花火の花が
夜空に咲いて
幸せ感ひとしきり

満足して家路につくでしょ
来た時よりも
なんとなくニコニコしてね

実家が玉川に近いから
夏に帰ると
いつも花火見に行くんだよね

綺麗だよ^^
そっちからも玉川に負けないくらい
綺麗なのが見えるかな

長いこれからはね
時々花火をあげたり
余韻を楽しんだり

それから…
う~ん・・ わかんないなあ
だっていつも忙しいもん^^

そんな忙しい中
いろいろやってみて
あとは綺麗に終わるといいね^^

泣き言なし!
恨みなし!
文句なし!

でも
ちっとは
泣くだろうなあ。。。

More
[PR]

by hannah5 | 2004-08-05 08:02 | 掲示板時代(2004) | Comments(3)

あなたとともに、ずっと   

あなたがどこに行っても
何をしても
あなたのことは忘れない

あなたと語り合った日々
書き込みで繋がった日々
心をもらった日々

掲示板が終わりになっても
一度繋がった
私達の絆は切れないよ

あなたが行く所へ
あなたがいる所へ
私も行きます

あなたとずっと話していたい
ずっとほほ笑み合っていたい
ずっとあなたを見つめていたい

いつかネットの世界を出て
あなたと本当に会いたいから
一緒に生きていきたいから

ホームページでも
他社の掲示板でも
ウーマンエキサイトでも

そして書き込みをやめてしまっても
メールと電話と手紙で
お話しましょう

心を騒がせないで
最後まで一緒に
歩こうよ

遠い未来の向こうまで
一緒に絆を
握り締めて行こう
[PR]

by hannah5 | 2004-08-04 09:06 | 掲示板時代(2004) | Comments(0)

よろしく 哀愁   

板をこよなく愛して
書き込むたびに
相手と繋がってきた日々

掲示板終了に伴って
悲しさと戸惑いが
至る所で溢れ出す

文字だけを見つめて
心を繋いできたのに
今それが切断されようとしている

新天地を探す管理人
これが最後と見切りをつけた管理人
他社へ行く管理人

まだまだ続けたいと
思いを書き込む投稿者
皆 思いが溢れて

たった数行の書き込みの中に
相手への思いやりが溢れ
友情が芽生え

しばらく書き込みがなければ
どうしたのかと心配し
書き込みを見て安堵し

ネットで繋がった幸せは
現実社会よりも
現実的かもしれないね

最後まで
板でのお付き合い
よろしくお願いします
[PR]

by hannah5 | 2004-08-04 09:05 | 掲示板時代(2004) | Comments(2)

心を寄せ集めて   

信号が点滅し始めた
かたくなな空気が柔らかくなり出した
痛みが薄れ始めた

恨んでばかりいた心が許しを覚えた
威張っていた気持ちが思いやりをもつようになった
人をさしていた指が自分をさすようになった

悲しかった心に希望がよみがえり始めた
険しい表情にほほ笑みが浮かぶようになった
自分のことばかり考えなくなった

悲しい別れがいっぺんにやってきて
取り付くしまもないほど
誰もがその場を立ち去ってしまった日々

残された者達はため息をついては
ひたすらおろおろ歩き回り
諦めと寂しさが入り混じって顔さえあげられなかった

けれどそんな日ももうじき終わり
本当に?本当に終わり?
心にかすかな期待がよぎる

なめらかな心になったのだろうか
もう一度会えるだろうか
また何気なく行ったり来たりできるだろうか

人を信じてもいいよね
誰もが淋しいんだからね
心を寄せ集めて生きようよ
[PR]

by hannah5 | 2004-08-04 09:03 | 掲示板時代(2004) | Comments(2)

青空よりの手紙   

青い空から
一通の手紙が降ってきた
差し出し人は
長いこと音信不通になっていた人
ためらうように
優しい気持ちが綴られていた

久しく会っていなかったし
しばらくぶりで読む手紙に
心が踊った
何よりもその優しい気持ちが
ただ嬉しく
幾度も読み返した

あんまり嬉しかったから
寂しかった気持ちに
久しぶりに明かりが灯った
また会えるね
そう思い
待つことは報われることだと思った

痛みをおして書いてくれたんだね
言葉を探りながら
笑顔を思い出しながら
丁寧に言葉を綴ってくれたんだね
綺麗な空を思ってくれたんだね
雲の上にまで上ってくれた

君はいつだってそうだった
誰も気がつきもしなければ
思い出しもしない時に
一人優しい言葉をかけてくれた
君の形のままの心を
そのまま切りとってくれたんだ

忘れているから
心が誠実に言葉を選び
送り届けてくれたんだよ
ためらいがちな言葉の向こうに
抜けるような青空が見えた
夢が見えたよ

花をありがとう
本当に嬉しかった


(7.4)

More
[PR]

by hannah5 | 2004-08-04 08:24 | 掲示板時代(2004) | Comments(0)