カテゴリ:私の好きな詩・言葉( 174 )   

私の好きな詩・言葉(4) 「といかけ」   

ブログの中でさまざまな詩に出会いますが、DOUBLE STANDARDのnobody-knows-meさんの詩は届かない思いの切なさと過ぎ去った時間の痛みが伝わってきて、好きです。

nobody-knows-meさんの詩はどれも好きなものばかりで選択するのに困りましたが、「といかけ」はその中でも、恋する相手を思ういじらしさが感じられて、選びました。(DOUBLE STANDARD

といかけ

君に といかけ

あの映画は 好き?
あのカフェは 好き?
あの本は? あの曲は?

君に といかけ

全部 僕と 同じで

もっと もっと 君を知りたくて

君に といかけ
[PR]

by hannah5 | 2004-08-30 08:48 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(2)

私の好きな詩・言葉(3) 「丹波布」   

3回目は母の歌を3首、ご紹介させていただきます。

母は丹波(京都府)の出身です。若い時から短歌を作ってきました。「丹波布(たんばふ)」はそんな母が故郷への郷愁を込めて詠ったものです。

偶然、はなかりさんのブログで丹波布のご紹介がありました。私は一度も見たことがなかったのですが、母が時折教えてくれた丹波布を初めて見ることができ、感激いたしました。

丹波布

      丹波布

      ほのぼのと草木のいのち色にいでまさ目にし見る丹波布といふ

      あくがれしまぼろしの布丹波なるひと隅(くま)に世を避けて織るとふ

      旧(ふ)るほどにいろ年かさね深むなりいとしみ給へと手渡されにつ

                                   (歌集「水音」より)
[PR]

by hannah5 | 2004-08-23 14:55 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(6)

私の好きな詩・言葉(2) 「なんちゃねえ。。。」   

2回目は神秘さんの詩をご紹介します。

掲示板「文学」のカテに投稿された詩のひとつですが、詩のもつリズム感に惹かれました。
神秘さんには他にもたくさんの詩がありますが、この詩は、私が神秘さんの詩を知るようになった初期の頃の詩です。


「なんちゃねぇ。。。」

言葉吐き出す裏元の
音色にこころ入れるなら
崩れた愛情ありましてぇ

くまなく悩む時間と共に
勢いだけぇ勢いだぁ開けてぇ
鍵変えたでしょ、ってなもんで

ひっくるめて見てたの自分だけ
オママゴトが一応なラインに嫌われ
賢ぶるステップ踏みまして

片想いの幸せもらうの自分だけ
逃げ出す速さは笑顔の裏柄に似て
決まった規則でタンタンと

足跡残すは素敵な形の自分だけ
いけしゃ~しゃ~とあれこれと
むかつく愛情ペタペタと

さてさて周りの皆さんいかがかな
おっとあなたはそっちの味方
なぜならそっちは異性の香り

なっちゃねぇ
素敵なあなたは、いやたいそうなお方で
裏跳ねる隠密の、そりゃ~上手く隠れたね

お稽古事はさぼるなと諭し
生で食うほど新鮮な欲望たずさえて
平均を揺るがす巧妙探り出す

う~ん、素敵
言わせてしまえ、勝つために
応援よろしく旗ふらず

行くあてお決まり
彷徨う素振りで
異性のそばへ

身構えるかつての友に愛想笑い
あなたの事はどうでも良いの
だって私は異性の方が好きだから

なんちゃねぇ。。。
ま、いっか
普通だし

とやかく言っちゃ
巻き込まれ、白い目に笑われ
片付けお済み様よ~に若い言われるし

ここに隠れるっちゃ
こころおきなく殴るっちゃ
そしていつか消すっちゃねぇ。。。

なんちゃねぇ。。。
[PR]

by hannah5 | 2004-08-16 15:36 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(2)

私の好きな詩・言葉(1) 「ピリピ人への手紙」   

いろいろな所で出会った詩や言葉達に感動したり感銘を受けたり、また人生が変えられたりします。

そういう詩や言葉達を詩織の小休止として、時々紹介させていただきます。

第1回目は聖書の言葉です。ある朝、聖書を読んでいて感銘を受けた言葉がありました。


ピリピ人への手紙4章8節(新約聖書)

すべての真実なこと、すべての誉れあること、すべての正しいこと、すべての清いこと、
すべての愛すべきこと、すべての評判の良いこと、そのほか徳と言われること、
称賛に値することばあるならば、そのようなことに心を留めなさい。
[PR]

by hannah5 | 2004-08-08 04:02 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(0)