カテゴリ:投稿・同人誌など( 146 )   

かげろう   


ため息をひとつ
目の前に小さく落としてその先をじっと見つめる
ため息はいくつもの気泡となって
やがて薄くなり始めた表面がくるりくるりと向きを変え
ついにはぽつぽつと穴があいて風通しがよくなる頃
ひっそりと消え入るように溶けていく

風をまたいで歩いていた足が
速度をゆるめ始める
何かを思い出したようにふと立ち止まる
うしろを振り返り
眉間に小さな皺をいくつも寄せ
それから前を向いてふたたび歩き始める
通り過ぎていく風景の中に皺をひとつずつ落としていく
最後の皺を落とすころには
うしろにあったものは霧のように薄くまばらになっていて
やがてそれらもぼんやりと消えていく

始まりをいくら捜しても見つけることができない
二、三日前通った時にはたしかにあったはずなのに
どこかに紛れてしまったか
ぼんやりと消えてしまったか

解決策は霧のようにあいまいなまま
ゆっくりと先へ行く

小さいころからいつも触ってきた街の匂いと音
季節の変わり目ごとに拾い集めた約束のことば
地中深くに突き立てた流れ星
それぞれがかげろうのようにぼんやりと立ち上がり
時間の裏側へ落ちていく

歩いた後から足跡が消える
積み上げた思い出がひとつずつ砕けていく

扉を小さく開いてきれいな色とりどりの石を
わたしの手の中に置いてくれた
わたしは手を握りしめて石の感触を確かめたかった

握りしめた手の中で石が消えていた

(新現代詩13号掲載)
[PR]

by hannah5 | 2011-07-04 15:22 | 投稿・同人誌など

新現代詩合評会   


7月3日午後1時半から新現代詩13号の合評会がありました(場所は内神田の文藝学校)。出席者は中川敏、川原よしひさ、松本恭輔、宗美津子、工藤富貴子、市川つた、中原かな、富永たか子、みやざきことよ、はんなでした(敬称略)。

それにしても、一つの作品を真面目に書こうとすると、ぼんやりとした日常の灰汁やら霞だけ書いていたのでは読み応えのある作品は書けないのだと思ったのが、中川敏さんの「琵琶童子」が読まれた時でした。1ページ上下段組みで4ページある作品は、徹夜続きのくたびれた頭では平家物語や鴨長明を読み込んで書かれたであろう作品は頭上を滑っていくばかりで、私の番にまわってきた時、評を言うことすらできませんでした。(それにしても平家物語も鴨長明も、いつ読んだか記憶に定かでないほど遠ざかってしまいましたが。)

この合評会の模様は詩と思想10月号に掲載される予定です。
[PR]

by hannah5 | 2011-07-04 15:17 | 投稿・同人誌など | Comments(0)

階音   


b0000924_1475254.jpg


新井豊美先生のもとで詩を学ぶ生徒達10名によるアンソロジー「階音」8号が発行されました
(代表高平よしあき)。
この階音に私も初めて参加させていただきました。

参加者は以下の通りです。
柳生有治、キベカオリ、瑞瓜典子、清水邦子、尾関忍、
はんな、奥田春美、關とみ子、サトウサダオ、高平よしあき
カットは尾関忍さん、製作は光冨いくやさんです。

素敵なアンソロジーができました。
[PR]

by hannah5 | 2011-06-29 14:08 | 投稿・同人誌など | Comments(0)

旋律27号   


b0000924_19344384.jpg

旋律27号(長崎ラ・メールの会)が発行されました。
「朝靄」と「窓は今も開け放したまま」の2篇で参加させていただきました。

そして、今回の招待作品は中村梨々さん。
poeniqueや現代詩手帖やびーぐるなど、いろいろな所で何度も作品が入選されてきた方です。
抒情の香りがあって、言葉がか細く柔らかくて、どこか少女のようで。
投稿された作品が入選作品としてあがるたびにわくわくして見てきました。
今回は間近で梨々さんの作品に会えて、とても嬉しく思います。
梨々さんのブログ:nasi-no-hibi

志久浩介さんの表紙も一段と冴えて、いいですね。
志久さんのHP:抹香クジラの脊椎コロニー
[PR]

by hannah5 | 2011-06-28 19:35 | 投稿・同人誌など | Comments(2)

新現代詩13号   


b0000924_19263464.jpg

新現代詩13号が発行されました(新現代詩の会編集、龍書房発行)。
「かげろう」で参加させていただきました。

13号の合評会は7月3日(日)午後1時半から、文藝学校で行われます。
[PR]

by hannah5 | 2011-06-25 19:26 | 投稿・同人誌など | Comments(0)

「焔」にご紹介いただきました   


「焔」(福田正夫詩の会発行)88号に、旋律26号に掲載した「灰色の眼」をご紹介いただきました。紹介してくださったのは長谷川忍さんで、詩誌紹介のページです。他に志田昌教さんの「旅~浦上聖女伝」と水無月科子さんの「みらい」も紹介してくださいました。ありがとうございました。

b0000924_1645258.jpg
[PR]

by hannah5 | 2011-06-15 16:05 | 投稿・同人誌など | Comments(0)

詩と思想   


b0000924_165454.jpg

詩と思想4月号に山本みち子さんの詩集 『夕焼け買い』 (土曜美術社出版販売)の書評を掲載していただきました。
[PR]

by hannah5 | 2011-03-28 23:36 | 投稿・同人誌など | Comments(0)

そろそろねぐらに帰ります   


ゆっくり歩いていると
早く行けと言う
走りだすと
止まれユーターンしろと言う
引き返すと
ダメじゃないか右へ曲がれと言う
たぶん今度も怒られるから左へ曲がるよ
するとどこからともなくぶぉぶぉっという音がしたかと思ったら
上下斜め左右そこらじゅうから声が吹き出してくる
そうなんだよそうなんだよと反応していると
いちいち反応するなと言う
黙っていると
少しは言葉をしゃべろと言う
ひと言ふた言しゃべると
そんな寡黙でどうする今は多弁の時代だと言う
少ししゃべりすぎではありませんかと言うと
いやもっと長くしゃべろと言う
思いつくまま流していると
言葉は簡潔に短い方がいいと言う
そうですねと短く言うと
いつになったらお前は納得するんだと言う

少々退屈していたからあちこち駆け回ってきたが
錯綜と混乱が混ざり合ってそろそろ時間切れだ
もう帰るよと言うと
お前の家はどこなんだと聞く
ここをまっすぐ行くと右に折れる道があるから道なりにしばらく行くと三叉路になっているので真ん中の道を行くと突き当たりになるから左に曲がり一つ目を右に行くとぼんやりした空き地があってそれを突っ切ってさらに進み家が一軒見えてきたらまっすぐ進んで家の反対側まで行くと庭があって小さな灯りが灯っているのでそこで小さくぶぉぶぉっと言うのが玄関のチャイム代わりでそれが私への合図になりますと言うと
相変わらずわかりにくいやつだなそれでどうするんだと聞く
帰る支度をしますと言うと
どこへ行くんだと聞く
長すぎず短すぎず早すぎず遅すぎず右にも左にもそれず寡黙にもならず饒舌でもなく理解と納得が交差したあたりです
と答えておいた

(新現代詩12号掲載)
[PR]

by hannah5 | 2011-03-23 00:53 | 投稿・同人誌など

新現代詩12号   


b0000924_16153783.jpg

新現代詩12号が発行されました。
2月20日発行の予定でしたが、編集の関係で遅れたようです。
早春の号に似合ううぐいす色の表紙です。
私は「そろそろねぐらに帰ります」を掲載していただきました。
この作品は詩と思想の入選作品ですが、推敲して手を加えました。

合評会は4月3日(日)午後1時半から、文藝学校で行われます。
[PR]

by hannah5 | 2011-03-05 16:16 | 投稿・同人誌など | Comments(0)

日本現代詩歌文学館   


岩手県北上市に日本現代詩歌文学館というのがありますが、そこでは明治以降の詩・短歌・俳句・川柳に関わる個人・合同の作品集、評論、研究所、随筆、その他関連図書、および詩歌総合誌、同人誌、会員誌、個人誌など、作者の有名無名を問わず収集しています。永年書庫で保存され、希望に応じて閲覧することができ、著作権の範囲内であればコピーもしてもらえます。(日本現代詩歌文学館資料より)。

「有名無名を問わず」とあるので、先日発行したPriceless を寄贈したところ、早速文学館から会員証や館報、お知らせなどが送られてきました。(寄贈すると自動的に会員登録されるらしいです。)館報は年3回発行で、送料として80円切手を送ると1回分を郵送してもらえます。館報には文学館の活発な活動の様子などが書かれていて興味深く読みました。

以前、もしやと思い、母の歌集 『水音』 が文学館に寄贈されていないか問い合わせてみたところ、槻の木の同人のどなたかが寄贈してくださっていたらしく、ちゃんと保管されていることを知り、嬉しかったことを覚えています。(母は槻の木の短歌会の同人でした。)

もし皆様のお手元にまだ寄贈していない詩集や歌集、句集、同人誌などがありましたら、日本現代詩歌文学館に寄贈されると喜んで受け付けてもらえます。自分の作品集がきちんと保管されて将来まで残るのは嬉しいことですね。

日本現代詩歌文学館:
〒024-8503 岩手県北上市本石町2-5-60
Tel 0197-65-1728 Fax 0197-64-3621
E-mail shiika@shiikabun.jp
[PR]

by hannah5 | 2011-02-20 17:36 | 投稿・同人誌など | Comments(0)