<   2004年 08月 ( 191 )   > この月の画像一覧   

食べる   

私の言葉よりも
もっと器の大きな言葉に出会うと
私は襟を正して
その言葉の前にじっと佇み
言葉が語りかけてくれるのを待つ

私は割合近視眼的だから
言葉の器がなかなか大きくならないのだけれど
私の言葉がそんなふうにちっぽけなことを
ちゃんと教えてくれる言葉は
きっとその詩人も誠実なんだと思う

じっと見つめていると
いつしか心が鼓動してくるのがわかる
おいしいものを食べてるね
まるで生き物みたいに
私の中でどく、どく、どくって動くんだよ

言葉に飢えていた心が
詩人の言葉を食べて
栄養をもらって元気になり始めた
毎日きちんと食べていれば
ちっぽけだった器ももう少し大きくなるに違いない
[PR]

by hannah5 | 2004-08-31 13:13 | 作品(2004-2008) | Comments(4)

最後の日。。。   

◆ 詩織





        最後は詩織の香りだけ

 

           はんな



このメッセージへの返信一覧を表示

投稿者: hannah5
2004/08/27 05:46:52
メッセージ: 1 / 3

More
[PR]

by hannah5 | 2004-08-31 09:11 | 掲示板時代(2004) | Comments(4)

おいしいもの   

心をわかってくれる友人
鋭い感性
あたたかい思いやり
黙って孤独を共有すること
多少の不幸に負けていない人
言葉を大切にしていること
うまく生きられないことをわかってくれた瞬間

たくさんのご馳走はいらない
たくさんのお金もいらない
今日生きていることを感謝し
ほらねって、普段着の気持ちを分け合い
心が酌み交わせれば

そんな時
生きててよかったなぁって思う
[PR]

by hannah5 | 2004-08-31 06:43 | 作品(2004-2008) | Comments(2)

食する言葉達   

あなたの言葉を舐めるように
あなたの言葉を飲むように
あなたの言葉を食べるように

目が読む
目が飲む
目が食べる

詩人さん達
詩を書いてくれてありがとう

今 しあわせです
あなたの言葉達の前で
じっと佇む時
心が踊る
心がうねる
私の知らない言葉達に
心が一人享受する
[PR]

by hannah5 | 2004-08-31 04:54 | 作品(2004-2008) | Comments(0)

Tへの手紙   

久しぶりにくれたメールで
君が元気そうにしているんでホッとしたよ
仕事、忙しいんだね
現実社会でうまくやれてる面白さは
そりゃあ、いいもんだよね
わかるよ、それって

君はもとからネット人間じゃないから
ネットの中を器用に泳ぐことができなくて
きっと疲れちゃったのかもしれないね
誰でもね、1度はネットで傷つくことあるから
ネットなんかやめようって思ったって
誰も君のこと、責められない

君のことは心配してないよ
すごく元気だよって言ってたし
たぶん、新しい彼女ができたかもしれないからね
彼女ができたら、ごはんご馳走することになってたね

今度、日本へ帰ったら
また一緒にごはん食べよう
その時は、ネットの話ばかりじゃなくて
音楽の話や好きな女の子のことや仕事のことなんか話そう
君は私よりずっと若いけれど
君が一生懸命人生を見つめて歩いているのは
見ていて気持ちがいい
それに年に関係なく
ただの友達みたいに話せることもいいしね
年上の意見なんかいらないね
君の意見を聞いて
私の意見を述べて
語り合えばいいじゃん

月夜の晩に
君と携帯で話しながら夜道をずっと歩いたこと
楽しかったなあ
また今度ね
[PR]

by hannah5 | 2004-08-31 04:13 | 作品(2004-2008)

電信的考察(ネット考)   

意志疎通
友情交換
儀礼廃止
真意読解
心象風景
心情理解
     現実逃避
     仮想構築
     現実遊離
     理想実現
     深層心理
     心理表現
          電信楽園
          正常関係
          現実逃避
          理想追求
          仮想実験
          現実失敗
               電信理想
               孤独遊戯
               自己発見
               此方苦痛
               彼方平安
               同類集落
                    傷心回復
                    会話楽々
                    電信現実
                    現実空虚
                    我愛電信
                    愛着電信
[PR]

by hannah5 | 2004-08-30 13:00 | 作品(2004-2008) | Comments(6)

私の好きな詩・言葉(4) 「といかけ」   

ブログの中でさまざまな詩に出会いますが、DOUBLE STANDARDのnobody-knows-meさんの詩は届かない思いの切なさと過ぎ去った時間の痛みが伝わってきて、好きです。

nobody-knows-meさんの詩はどれも好きなものばかりで選択するのに困りましたが、「といかけ」はその中でも、恋する相手を思ういじらしさが感じられて、選びました。(DOUBLE STANDARD

といかけ

君に といかけ

あの映画は 好き?
あのカフェは 好き?
あの本は? あの曲は?

君に といかけ

全部 僕と 同じで

もっと もっと 君を知りたくて

君に といかけ
[PR]

by hannah5 | 2004-08-30 08:48 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(2)

ピリオドの向こうに、えい!   


ピリオドの向こうに     えい。

君の心にまた会えた
しんぴに出会った幸せは
いつまでたっても消えないよ
友達思いの君は
何をするにもまず友達に思いやり
勝手気ままなようでいて
友達の書き込み大事に大事に

そんな君の心が好きだよ
自分勝手になりがちな
私の心を溶かしてくれるのは
君の優しい心
そんなしんぴを
一人占めするのはもったいない

しんぴが残してくれる思いやり
みんなで大事に分け合って
今日を生きる糧にしよう
[PR]

by hannah5 | 2004-08-30 08:02 | 作品(2004-2008) | Comments(4)

主の宮に住み   

今朝はひたすら
神様の臨在溢れる中で
神様の御顔拝して
神様だけを崇めたたえ
賛美の歌を声高らかに捧げた

  「私は一つのことを主に願った
   私はそれを求めている
   私のいのちの日の限り、主の家に住むことを
   主の麗しさを仰ぎ見
   その宮で、思いにふける、そのために
   それは、主が
   悩みの日に私を隠れ場に隠し
   その幕屋のひそかな所に私をかくまい
   岩の上に私を上げてくださるからだ
   今、私のかしらは
   私を取り囲む敵の上に高く上げられる
   私は、その幕屋で、喜びのいけにえをささげ
   歌うたい、主に、ほめ歌を歌おう」
         (詩篇27章4節―6節)

主の宮に住み
主をたたえ
[PR]

by hannah5 | 2004-08-30 07:39 | 作品(2004-2008) | Comments(0)

美しいもの   




千切ってきた柏のはっぱでくるんだ柏餅
歩き回って見つけたたけのこ
夜 畑で見たたくさんの蛍
家の裏の小川に住んでいたたにし
庭にあった大きな柿の木
広々とした土間
五右衛門風呂でたいたお風呂
小川にいた雨蛙
お空の観音さん
バス停からとことこ歩いた山道
そのまま飲める小川の水
大きくて立派な萱葺きの家

思い出の中に佇むふるさと丹波
[PR]

by hannah5 | 2004-08-29 04:26 | 作品(2004-2008) | Comments(4)