<   2007年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧   

私の好きな詩・言葉(110) 「世界 ― 海」 (城戸 朱理)   


「泉(トイレ)」という場所は
なぜ、それほどまでに瞑想的なのか?
その秘密を思いつつ、山上にあるならば
“雷鳴”のごとき沈黙が訪れる
鉄か、鉛か、
恋の予感ほどの重さで
              揺らぐ草花
傾いた塔が見える。
その謎を解くには、人の一生は短かすぎる

いまだにヨーロッパの暗がりでは
犬が吠えている
ときには「おうおう」と人のような声で泣き
あるいは「わうわう」と嘆くように泣く
そして、母音をふたつ掛け合わせると
どうしたことか、人間は
ひどく遠くへ旅立つことになる
生命には「死」という暗号が組み込まれ、
「生」とは、その暗号を
解いていくプロセスにほかならない
                     それゆえに
十八世紀のヨーロッパで
詩人たちは奇妙なことに熱中した
バラの花を燃やしてから
花があった虚空を凝視し、
バラの花の「幽霊」を見ようとしたのだ
十九世紀が終わるころには
バラの「幽霊」は「象徴」に変わり
二十世紀には、ただの「灰」になった
今、人の眼には
         どんな形態と
色彩が見えるというのだろうか
「オーベルジンの憂鬱」について考察せよ

「気づくと窓の外に雪が降っていました。
外に出てみると、雪の匂いがして素敵でした」
言葉から雪が匂い立つことがある
欲望に即したシンタックスでは
その色彩は記述しえない
色彩とは光がもたらす属性だが
それは物理的な量ではなく
                 心理的な量
ある種の「惑い」にほかならない
空は、なぜ青いのか?
雲は、なぜ白いのか?
人は、なぜ人を憎むのか?
人は、なぜ人を愛するのか?
太陽が発する白色光は
              すべての色光を含み
地球に衝突しては散乱し
惑星を美しく染め上げるが
光自体は色ではない
色彩とは事物自体の属性ではなく
事物が反射した光の波長
ならば、人が見る色彩とは
事物が拒否した波長であり
「壊れた光」にほかならない
そこから、愛と憎しみについて
語ることが出来るだろうか?
太陽風の無数の原子は
電子と衝突して「興奮」し
その興奮がおさまるとき、光を発するだろう
地球を戴冠させる
           曙の女神(アウロラ)の女神が生まれ
その光輝のなかには
燃えるバラが現われることもある
傾いた塔が見える。
その謎を解くには、人の一生は短すぎる

“雷鳴”のごとき沈黙のもと
鮮やかに、目覚めるように
夢のなかに入っていくならば
そこにもまた、
       地軸のように傾いた
塔が見えることだろう
夏の道を小さな蛇が横切っていった
目に見えぬバラの形をなぞるように。
希望は、恐怖の先触れだから
あきらめと従順を宿した瞳こそ恐しい
その目から逃れるために
クロイチゴの茂みに隠れた
“恋”が地球より重く感じるとき
音信という音信、
         言葉という言葉は揺らぎ始め
その震動のはざまで、生物は
食餌したり
      排泄したり
            分泌したりする
この「素朴にして絶対的なアレグロ」
草花も人間も、
生物という生物には性器があるという
                       この驚くべき地上に
揺らいでいないものはない
あらゆる方角が動揺している
バラの花の幽霊のように
鮮やかに、夢から覚めるように。
傾いた塔の前に立つならば
いっさいが性器のように
               傾いている
北極光は揺らぎ
目の前のグラスは濡れて冷たい

山上に立ってみたまえ
そして、下界を見おろしてみたまえ
世界は海のようだ
あらゆる方角が動揺している
いっさいが燃えている
地上にあるあらゆるものが燃えている



(『在性の潜海へ』より)
(「現代詩手帖7月号」収蔵)

ひと言
[PR]

by hannah5 | 2007-08-31 12:10 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(0)

ある運命   


生まれそうでなかなか生まれてこない何かを求めて
座る
たった数センチの頭皮と頭蓋骨の下で
混濁色の世界が泡立ち
蠢き
振動している
生まれる必然性のないものまで動員されて
高速で振動している
そのあとを心が小走りについていく

混濁色の世界が突然紅くなり
「好き」という言葉が放りだされた
「好き」を引き上げてみたら
その下に根っこがついていた
根っこには「直感」という文字がついている
「直感」という文字のついてない根っこもあった

「直感」のついている根っこも
「直感」のついていない根っこも
繊細で生き生きとした感性をもっていた
二つの根っこはともに
歩きに歩き
走りに走り
生きに生きた

ある時
「直感」のついていない根っこは少々飽きた
「直感」のついている根っこが
歩きに歩き
走りに走っている間
「直感」のついていない根っこは
歩くことも
走ることも
単調でつまらないと思うようになった

やがて
「直感」のついていない根っこは
歩くことも走ることもやめてしまった
いつのまにか
「直感」のついていない根っこの姿が見えなくなった

「直感」のついている根っこは
根っこの先に火を灯した
火は大きすぎず小さすぎず
いつまでも燃えた

根っこの先の火はまだ燃えている
[PR]

by hannah5 | 2007-08-29 23:32 | 作品(2004-2008)

夏がゆく   


シュレックの耳は
もしかするとマウスの耳かもしれない
形が似ている

この夏は本当に暑かった
体も心もたわんと垂れ下がり
中心の軸がまっすぐに立たなかった

だるい暑さの中でぼんやり思ったことは
軸は初めからなかったかもしれないということだ
軸だと思ったものは
蜃気楼だったのかもしれない

暑さの最中
マウスはひたすら嘆いて
あらゆるものに歯を立てた
外へ出たい!外へ出たい!
という思いが体を突き抜け
しまいには体中から噴きだした
出たい出たい出たい出たい出たい!

叫びが頂点に達するころ
扉がぎぃっとあいた
外には自由が一面に寝そべっていた

マウスは自由をひとまたぎして走りだした
四本の脚がプロペラのように回った

ふっと体が舞い上がった

眼下には空間が広がり
軽々と飛んでいった
二つの耳がぷるんと揺れた
耳をくるりと回すと
小さな耳垢がころんと出てきた
体中がいい気持ちだ

ふと、かすかに思った

ぼんやりしていたものは見えたらしい
軸のことはそのうち何とかなるだろう
寝そべっている自由をまたいでいくと涼しくなる、


(8/28 推敲訂正)

今夜は月がきれいです
[PR]

by hannah5 | 2007-08-27 23:51 | 作品(2004-2008)

きんたろうさんへの返信   

きんたろうさんへ

以下、あなたの書き込みをここに書いて、私の返信を書いておきます。

>Commented by きんたろう at 2007-08-26 11:13 x
猫は私のことでしょうか?とても傷つきますね。あなたの可愛いねずみをあまり 甘やかさないでいただきたいわ。自分に似たものは可愛いのでしょうね。あなたはいつも 他人を上から見下ろし 人から何を言われようとわが道を行く。しかし そういう他人にはぼろくそ批判!お分かりかしら?あなたたち二人とも そういう者たちだということを!結局は自分可愛いだけね。もう少し ましなものをお書きになったら?

きんたろうさん、猫はあなたのことではありません。
ねずみも猫も私の創作です。
この詩から、きんたろうさんが何を感じられても自由です。
しかし、あなたを傷つけるつもりなど毛頭ありません。
もとより、今日初めて詩織にお越しになったあなたのことは存じ上げません。

>もう少し ましなものをお書きになったら?

はい、私の詩が拙いことは重々承知しております。
しかし、これは作品の技術向上のための訓練の場でもあります。
わが道を行くのは、ブログの管理人であればある程度避けられないことです。
他人に遠慮せず私の好きなように詩を書く、そのための場としてのブログですから。

>Commented by きんたろう at 2007-08-26 11:14 x
失礼!非公開にするのうっかりしちゃったわ。慌てて消してくださいな。

こちらは非公開にて書き込まれたものですが、非公開にするつもりで最初のコメントを書かれたとしたら、これはいやがらせ、つまりアラシ行為です。
記録として残しておきたいので、あなたの書き込みは公開にするとともに、消すつもりはありません。

>Commented by きんたろう at 2007-08-26 11:31 x
悲しくて悲しくて悲しくて悲しくて悲しくて悲しくて・・・
あなたの その心で弄ばれる 私の想いは 雲のように千切れながら
消え去ろうとしてる。  淋しくて淋しくて淋しくて・・・あなたが悲しすぎて仕方無い。

教会史に触れて書いたことがなぜ、あなたの心をもてあそぶことになるのですか?
悲しく思うのはあなたのご自由ですが、こちらも非公開で書かれたコメントですね。
以後、このように非公開にされたコメントは内容により、随時公開させていただくとともに、エキサイトさんへの通報を行いますので、そのつもりでいてください。

はんな
[PR]

by hannah5 | 2007-08-26 16:28 | 作品(2004-2008) | Comments(5)

ねずみが逃げる 猫が追う   


ねずみの大脳にはしわがない
それよりねずみの大脳はとても小さい
ネコよりも、ましてやヒトよりも
                    トテトテトテ

ねずみは私を見ると寄ってくる
チーズを与えているうちに私になついた
たぶん思ったほど怖いヤツじゃないと思ったのだろう
チーズはおいしいから   
               トテトテトテ

ときどきねずみは間違える
私の指がお肉の塊に見えたから
カブカブ チュッ!
ねずみのにおいが指に染み込む
夜になるとうずうずうずく

そのせいかもしれない
外へ出た途端に
道端に寝そべっていた白猫にカブッとやられた
   ねずみのにおいに誘われたから
   キスマークをつけておこう

白猫はニャーゴとしなだれかかって
私のまわりをくねくね回る
それを見ていたねずみがチーズをくわえて逃げる

いつのまにか私のまわりで
白猫とねずみが追いかけっこをしている
ねずみが逃げる
猫が追う
       トテトテトテ

ねずみは画策する
   いかにして猫を振り切るか
猫は大脳のしわを寄せて考える
   いかにしてねずみを押さえこむか

白猫は切ない声でニャーと私を呼ぶ
白猫よ、君に呼ばれたけれど
私はこのまま歩いていくからね
月のきれいな晩だから
                ニャーオ

それにしても、いまだにうずく
白猫にカプカプ
ねずみにトテトテ
            された跡      
[PR]

by hannah5 | 2007-08-25 23:49 | 作品(2004-2008)

詩織の庭を更新しました   


詩織の庭を更新しました。
教会について少し書きました。

興味のある方はお立ち寄りください。

はんな
[PR]

by hannah5 | 2007-08-25 14:11 | ご挨拶 | Comments(5)

ねむり   


遥々(はるばる)と
  沖へ漕ぎ出す
 波に寄せ
   波に寄せられ

深々と
  思いが満ち
 深々と
   祈りが聴かれ

ひと呼吸
  ふた呼吸
 花びらが散り
   花びらが舞い

耳を閉じ
  耳を合わせて
 ひそやかに
   想いが語られ

夜が凪ぎ
  夜が運ばれ
 潮が満ち
   潮が引く
[PR]

by hannah5 | 2007-08-23 23:56 | 作品(2004-2008)

ぽろん   


ゆるゆると夏を流している

すっかり身動きがとれなくなってしまったから

たとえば走ること

誰かが見ていて
敷かれた線の通りに間違わずに走ることが
昔から苦手だった
人が見ていると緊張するから
誰もいない所を歩いた

それで 楽になった

たとえば努めること

努力しますという約束が
果たせずにいる
努力しても実らないから

いい風が吹いてきて
優しい力で後ろから押してくれる

それで 乗れる

たとえば秀でること

美しい言葉が置かれている
大事に思ってそれを拾う
そうだよと思って人も拾う

それで 生きられる

秀作と佳作が咳こんでいる


手のひらに乗るくらいの小さなももが※
私を見あげる

何日か前に食べたはずの鶏肉が
干からびて ぽろん
ひと切れ出てきた
もうひと切れ ぽろん
頬袋に押し込んだまま忘れてしまい
いつのまにか燻製になっていたらしい


苦しいものはひと粒ずつ
頬袋に入れておこうと思う

いつか忘れたころに
干からびて
ぽろんと出てくるだろうから


※「もも」は最近飼い始めたペットのハムスターの名前
[PR]

by hannah5 | 2007-08-20 21:38 | 作品(2004-2008)

花火   


空の中から光が生まれる
紅や黄や緑やゴールドやシルバーの光が
暗い夜空の奥から
生まれては溢れ
生まれては溢れ

あんなにたくさんの光が
空の中に棲んでいたなんて
空は朝も昼も夕方になっても
ずっと知らん顔していたから

空の中から光が
嬉しそうに飛び出してくる
兄だか弟だか
姉だか妹だか
順番が待ちきれなくて
生まれるのが待ち遠しくて
先にも後にも飛び出してくる

先に生まれた兄たちは
ぐわんぐわんと空を染めた
後から生まれた妹たちは
カラコロと笑いころげて跳ねていった

光はその先にもその先にも
大きな輪を描いて
しゃらり
しゃらり
袂を上げてはこぼれ落ちる


大きな袂がしなだれて落ちるたびに
ほぉ・・・
と、小さなため息が漏れて
あなたは頬を紅潮させて見ていた

まわりの人たちは
大きな花火があがるたびに
わぁ・・・とか おぉ・・・とか すごい!とか歓声をあげ
中には解説する人もいたりした
けれど私たちは
ほとんど何も言わずに見ていた
たまにどちらからともなく
感嘆のため息が漏れた


もう五年になるのかな
あなたが見に出られなくなって

あれからずっと
あなたがいないまま
夏になると花火を見ている
[PR]

by hannah5 | 2007-08-18 23:29 | 作品(2004-2008)

残暑お見舞い申し上げます   



b0000924_3353338.jpg



                      いつまでも暑いですね
                  皆様にはいかがお過ごしでしょうか

                   連日35度を上回る猛暑が続く中
                       外出することが多く
                 へえへえ言いながら歩き回っています

                    皆様も熱中症にならないように
                 お体を大切になさってお過ごしくださいね



                           はんな
[PR]

by hannah5 | 2007-08-15 23:34 | ご挨拶 | Comments(12)