<   2010年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

私の好きな詩・言葉(145) 「符号のように」 (和田 まさ子)   


符号のように


終点を過ぎても走っている人がいて
ついていくと意外にジグザグで走っていた
アスファルトの表面はざらついた動物の肌のようで冷たい
そこらじゅうにある凹凸
足をとられてころびそうになるのをこらえるとき
膝にきゅっと力が入る
終点と思うのはいつも通過点で
その先がある
走っていると道路が銀色に発行するのが見える
アスファルトに汗のようなしずくが盛り上がり
水浸しのようになってくる
ひたひたとくるぶしまであがってくるものがあって
氷のように熱い

何に向かって走っているのか
聞いてもしかたないことは聞かない
たぶん感情をもてあまし
それをふりこぼして
走っていくのだ
どこにも着地できない者のために地面はある

つんのめりそうな
前傾姿勢のまま
人生に突入していくことは無謀だ
どこかで軽く生きていくふりを学ばなかったのだろうか

角を曲がるということを知らない走者
         「実験は成功したか」
         「科学者たちに誤りがあったそうだ
          明日の新聞に載るだろう」

体内の湿度が上がり
記憶がぼんやりしてくる
いくつかの折り合いのつかない問題で
走りながら悩ませられる
ひょっと角から出てくる子どもにおびえたり
くりかえし悪い記憶を牛のように咀嚼したり
手を握ってそれらに耐える






走るのか
雨粒が顔にかかる
空からの符号のように届くもの
それはことばのかけら

         た
    ま
           し
               い
         も
              は
        し
                  る
             の
                       か

片足が攣れてきた
助けを求める人もいないから
止まるしかない
ふくらはぎの肉がきんきんつっぱるので
地面にうずくまる
「保健室は消毒液をばらまいたいい匂いだった
                  そこで起きた秘密のこと
                  ぜったいに泣かない少女だった
走者がちらりと振り返るので
告げる
                  先に行ってください
                  草にしるしをつけて
                  わたしたちは兄妹なのだから
                  一億人の中からでもあなたを見つけ出すでしょう
ゴールはここではないとわかっている
ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家はまだ遠い
そこで煮えたぎった大なべに放り込まれるのよ

世界はボール
わたしたちをはずませて
   遊んでいるのでしょ
         静かな音楽をかなでてはいるが
            中心にあるのは死
       そこに磁石のように吸いついていかないために
             走る 走る 走る

「どうしたの
「たおれているわ
「息は
いっせいにかかわろうとする人びと
わたしの平和は手を放れた風船のなかにある
風が起こる
空は運命を吸い込むように
軽々と風船を抱え上げ
過去を抱え上げ
未来を小包のように落とす
拾った人は
こっそり紐を解く
そしてだれにもいわない
不遇な人生のことなど

「お兄さん
走ってください
走るしかないのです」
逃れるためには

(和田まさ子詩集『わたしの好きな日』より)

もう一篇
[PR]

by hannah5 | 2010-12-29 15:18 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(2)

灰いろの眼   


滑っていく母の意識を撫でつける
今日はお風呂の日
忘れていたクリームを
顔じゅうに薄く引き伸ばして
そこはかとなくここに戻ってくる
底なし沼のように沈んでいた目の中に
やっと灯りがともる

それからわたしは
遊び疲れたイソギンチャクみたいに
ベッドの横のわずかな隙間に
どぼん、
と飛びこんで
しばらく漂っている

ほんとうは
ミルクいろした海の中にいるはずだったのに
今日の母は
洗いざらしの漂白したシーツを広げたまま
どこまでも沈んでいく

わたしは誰ですか

覗きこんだ海の中で
薄い灰いろの眼を見開いたまま
わたしの質問も沈んでいく

息継ぎを少ししてから
古い童謡をいくつか
油の切れた蓄音機みたいに歌う
小さなじゃんけんぽん!と
あいこでしょ!をして

わたしたちはゼリーのようにくっついたまま
ふつふつと
半透明の海の中

(旋律26号所収)
[PR]

by hannah5 | 2010-12-28 12:28 | 投稿・同人誌など

旋律   


b0000924_037379.jpg

旋律26号が出ました(長崎ラ・メールの会発行)。
私は「灰いろの眼」と「鼓膜をほぐして」で参加させていただきました。
招待作品は野木京子さんの「ウスズミ」です。
[PR]

by hannah5 | 2010-12-26 00:38 | 投稿・同人誌など | Comments(0)

Merry Christmas!   


b0000924_275574.gif

                        御使いは彼らに言った。
                       「恐れることはありません。
          今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。
                  きょうダビデの町で、あなたがたのために、
            救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。
        あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。
                 これが、あなたがたのためのしるしです。」
                      (ルカの福音書2:10-12)

                  あたたかいクリスマスをお迎えください。


                             はんな
[PR]

by hannah5 | 2010-12-25 23:59 | イエス・キリスト | Comments(0)

少しご無沙汰しています   


元気にしています。今年は不思議な年でした。人間関係が辛くなるような日があったかと思うと、そんなことをまったく感じさせないほどあたたかい人間関係の中にいたり、辛いこととあたためられることが同時に進行した年でした。辛いことは私の至らなさから起こったこと、あたためられることは諦めるのはまだ早いと神さまが慰めてくださったのだと思います。なかなか上向きにならなかった年でしたが、来年はもう少し上向きになるといいと思います。

b0000924_115436.jpg

b0000924_1161942.jpg

去年の冬はひたすらヒーターやストーブのそばにかじりついていたみーにゃでしたが、成猫になって体が強くなったせいか、それとも太って脂肪がついて寒さを感じなくなったせいか、今年は夕方になると寒い物干しに出たがり30分以上もぼーっと座っています。体が冷え切ってしまうのではないかと心配になって呼びに行っても、気がすむまで中に入ろうとしません。最近また体重が増えて5.18KGになりました。ぼってりと重いです。
[PR]

by hannah5 | 2010-12-22 23:14 | ご挨拶 | Comments(2)

かさぶた   


淀んだ甘い痛みがあって
爪の先でチ、とほじくってみる
まだ乾ききらないかさぶたのように
触れただけで血が出そうな鋭利な痛みを感じる
チチ、
ほじくっていけば
悔恨と感傷が膨れあがってかさぶたを押し上げてしまいそうで
それ以上ほじくるのをやめた

父さんに関するかぎり
悔恨と感傷に浸ることは正しくなかった
それらに浸ってみても
しぃんと染み込ませてはくれなかったからだ
乾いた無感覚をかぶって一晩寝てしまえば
かさぶたの下をとうとうと流れる川を見つめて物思いにふけることもなければ
やわらかなぬかるみに足を取られてずるずると沈むこともない
それよりもっと実になる話をしよう
明日はどこまで感傷を乾かすことができるかとか
どこまで滲み出る血を吸い取ってかさぶたを固くすることができるかとか
かさぶたが乾いてぽろりとはがれるのをどこまで見届けることができるかとか

今こうしてあるのは
かさぶたとその下の薄暗い川を見ないでいられるからだ

それでもたまには
-誰からも振り向かれなくなった頃
突然胸倉をつかまれたように
チチチ、
とほじくり返してみることがある
ほとんど馴染みのない夜の深みに丸ごと飛び込んで
何も聞かずにやり過ごしてきた質問をぶつけてみる

ねぇ、わたしたちは同士だったはずだよね
なんで先に行っちゃったんだよ?

(狼+18号所収)
[PR]

by hannah5 | 2010-12-11 13:52 | 投稿・同人誌など

44詩誌プロジェクトでご紹介いただきました。   


狼+18号に参加させていただいた「魚屋のさかな」を
44詩誌プロジェクトの詩誌詳細で紹介していただきました。

紹介してくださったみつとみさん、ありがとうございます。
[PR]

by hannah5 | 2010-12-05 23:58 | 投稿・同人誌など | Comments(0)

ことたりない/三幕   


b0000924_20445152.jpg

12月2日(木)午後7時半から、三角みづ紀さんの「ことたりない/三幕」という朗読ライブがありました(会場はAPIA40(元渋谷アピア))。

出演
不可思議/wonderboy(詩)
伊津野重美(短歌)
野村喜和夫
愚弁
  谷口和仁(うた、からだ)
  猪俣道夫(Fl, Ss, Vo)
  河崎純(Cb)
  石塚俊明(Dr)
三角みづ紀ユニット
  三角みづ紀
  林隆史(G)
  瀬戸尚幸(Fretless-B)
  井谷亮志(Ds, Perc)
  吉田一夫(Fl)
(朗読順、敬称略)

三角みづ紀さんの好きな詩人と歌人に来てもらったというだけあって、まったく違うタイプの人たちなのに全体に統一した雰囲気があり、それぞれが自分の色合いを十分に発揮しながらお互いのパフォーマンスを楽しんでいる様子が感じられました。

不可思議/wonderboyさん。観客の年齢層が高かったせいか(あるいはwonderboyさんが若かったせいか)、観客のウケがイマイチでご本人もだいぶ緊張気味だったようですが、訴えたいことは伝わってきたし、サッカーのプロの選手になるためにタイへ渡った友人を思って書いたという詩はほろりとさせられるものがありました。最初から音なしのラップのノリだけでやってもよかったかもしれませんね。

伊津野重美さん。つやつやした黒髪が印象的な美人さんでした。自分の詩の合い間に萩原朔太郎の詩を朗読、最後は短歌が溢れるようにこぼれ続けて、熱唱でした。


野村喜和夫さん。「オルガスムスやかく語りき」「錆と苔かく語りき」。若いパフォーマー達の中でひときわ地味に映った野村さんですが、出演者の中でもっともエロチックな作品だったのがいかにも野村さんらしかったです。

愚弁さん。強烈な筋肉質の肉体を持つ谷口和仁さんの舞踏はおどろおどろしくて、観ていて息苦しくなりました。猪俣道夫さんのフルートに惹かれました。

三角みづ紀ユニット。三角さんの朗読は以前に比べると、パフォーマーとしての貫禄がずっと出てきたように思いました。曲もバラエテイに富んでいてよかったです。「カナシヤル」はいつ聴いても泣きそうになります。三角さんは個人的にお話をしていると小柄なのに、ひとたび観衆の前に立つと大きく見えるのが不思議です。それだけ朗読ライブに血を通わせているからかもしれませんね。

ライブハウスはそんなにたくさん知っているわけではありませんが、APIA40はホッとするような雰囲気をもっていて食べ物もおいしかったし(ビーフンがおいしかったです)、全体にゆったりと楽しむことができました。
b0000924_2044836.jpg

                         ※素敵なプログラムをいただきました。

[PR]

by hannah5 | 2010-12-03 17:37 | 詩のイベント | Comments(0)