<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

私の好きな詩・言葉(146) 「贈りもの(古いアルバムからの)」 (朝吹 亮二)   


贈りもの (古いアルバムからの)


       草原の斜めに傾いた風が
       まばらな樹々と石と岩とところどころの
       土のうえに夕陽をおいてはどけてゆく
       二人をかこんでいる
       風が
       東から吹いてくる少しばかり潮と鳥の
       匂いをさせながら
       二人の手と手に見えない花輪をかけてゆく
                   一九七八年一月二十八日

古い日付をもつ紙片が
風にめくられて(頁がとぶように)
失われる

朝、上着の水滴をはらいながら
雨あがりのひとけない坂道をのぼってゆく

ツツジの緑の小径をぬけると
黒い塀の一軒家があって
おはようございます
ガラスペンをください
竹の軸、さもなければ
木の軸があります
まっすぐのペン尖、さもなければ
蕪菁のペン尖があります
(ぷっくりとふくらんだ蕪菁のペン尖)
失われた紙片のかわりにゆっくりと文字を
書いてみたいのです

さんと出会ったのも雨あがりだった(だろうか)
洋書の紙とインクがすこし黴くさく匂っていた
ほそい鉛筆のようだったさん
それからしばらくして私たちは再会した
渡仏するまでの蜜のような
濃密な

そして私は眠っていたようだ
ジンチョウゲの
悩ましいかおり、さまざまな草の
いきれ

でなしだから
脚や腕をおおきくふって歩いてゆく
風がふくたびに
水滴まみれになる
ねえ、さん
いつからいっしょにいるんだい
さみしい蛇崩の坂道

蕪菁のペン尖をつけた木軸に光が射しこんで
ダヴィンチが壁の剥げた漆喰に貴婦人を透視したように
その杢のひとつひとつの屈折に
私の夢のかけらがあらわれては消えてゆく
泡杢のつがって泳ぐウヲの黄金
鳥瞰図方の
アヲ
孔雀杢の微風と愛撫にたふたふ揺蕩ふ黒髪
虎杢の(といっても焔のようにすこしずつ乱れる)
うしろから抱く臀
玉杢の
瑠璃も玻璃もいのちの泡も
沸騰する
射干


そして私は眠っていたようだ
鬢からいいかおりのするお嬢さん、こちらは黄楊、さもなければ
櫻、さもなければ楓、欅、黒柿
やわらかい木は持つとなじみがいいですし
かたい木はつかえばつかうほどあじわいがでます
アブラ紙につつまれた
慎重にえらんだ木軸とガラスの蕪菁のかすかに蒼い
ペン尖をだいじに握って
水滴をはらい
またはらいながら
私は帰り道をいそいだのだ、いつの日にか
私はゆっくりと文字を書くだろう
古い紙片のように
その文字もまた
風にめくられて(頁がとぶように)
失われる

ねえ、さん、雨はもうとうにあがったね
緑は
あざやかだけれど、スズメやヒバリも鳴きはじめているけれど
(まがまがしい蛇崩のまがり道)
どうしてもこの空洞から抜けでることができないよ

死にたくなるような朝
まばゆいばかりの

(朝吹亮二詩集 『まばゆいばかりの』 より)

ひと言
[PR]

by hannah5 | 2011-02-21 19:53 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(0)

日本現代詩歌文学館   


岩手県北上市に日本現代詩歌文学館というのがありますが、そこでは明治以降の詩・短歌・俳句・川柳に関わる個人・合同の作品集、評論、研究所、随筆、その他関連図書、および詩歌総合誌、同人誌、会員誌、個人誌など、作者の有名無名を問わず収集しています。永年書庫で保存され、希望に応じて閲覧することができ、著作権の範囲内であればコピーもしてもらえます。(日本現代詩歌文学館資料より)。

「有名無名を問わず」とあるので、先日発行したPriceless を寄贈したところ、早速文学館から会員証や館報、お知らせなどが送られてきました。(寄贈すると自動的に会員登録されるらしいです。)館報は年3回発行で、送料として80円切手を送ると1回分を郵送してもらえます。館報には文学館の活発な活動の様子などが書かれていて興味深く読みました。

以前、もしやと思い、母の歌集 『水音』 が文学館に寄贈されていないか問い合わせてみたところ、槻の木の同人のどなたかが寄贈してくださっていたらしく、ちゃんと保管されていることを知り、嬉しかったことを覚えています。(母は槻の木の短歌会の同人でした。)

もし皆様のお手元にまだ寄贈していない詩集や歌集、句集、同人誌などがありましたら、日本現代詩歌文学館に寄贈されると喜んで受け付けてもらえます。自分の作品集がきちんと保管されて将来まで残るのは嬉しいことですね。

日本現代詩歌文学館:
〒024-8503 岩手県北上市本石町2-5-60
Tel 0197-65-1728 Fax 0197-64-3621
E-mail shiika@shiikabun.jp
[PR]

by hannah5 | 2011-02-20 17:36 | 投稿・同人誌など | Comments(0)

詩誌 Priceless   


b0000924_14583784.jpg

個人詩誌Priceless
本日発売
定価500円
(携帯写真の感度が悪いので裏表紙だけお見せします)

More
[PR]

by hannah5 | 2011-02-11 15:01 | 投稿・同人誌など | Comments(4)

不思議なこと   


物書きになりたいという気持ちが昔から漠然とあって、それはどこかで諦めていた願望だったのですが、不思議なことにこのところ原稿依頼が少しありまして、しばらくそちらで忙しくしていました。今もまだ執筆中です。

それからこれは1年ほどあたためていた構想ですが、個人詩誌を出すことになりました。今月半ばすぎには出来上がってくる予定です。詩誌に出す作品を選んだり、推敲し直したり、詩誌の体裁を考えたり、紙を選んだり・・・構想の段階からずっと楽しんでやってきました。ここしばらく純粋に楽しめることがなかったのですが、久しぶりにわくわくしています。詳しいことは詩誌が出たらお知らせします。

あとは現在取りかかっているマタイの福音書の注解書の翻訳を今月中に終えてしまうこと。こちらはしばらく中断していたのでピッチを上げなければなりません。というわけで、今月はしばらくパソコンに釘付けです。
[PR]

by hannah5 | 2011-02-07 23:37 | ご挨拶 | Comments(4)