<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

日本の詩を読む IV   


野村喜和夫さんによる講義「日本の詩を読む」シリーズの4回目が始まりました(場所は池袋の淑徳大学サテライトキャンパス)。今回は8月まで6回にわたって講義があり、5月27日(金)はその第1回目でした。

時代の波をもろにかぶり、その経験はその人の人格や人生観をまったく変えてしまったり、特異な体験から逃れられないまま生き続けなければならなかったり、それら逃れようもない人生の中で、詩を書くことで痛みや苦しみになんとか潰されずにすむのかもしれない。講義を聞きながらそんなことを思っていました。

今回はそれぞれの年代の詩人たちにスポットを当てて読みます。第1回目の27日は、石原吉郎(1915~1977)の「葬式列車」、黒田三郎(1919~1980)の「賭け」、黒田喜夫(1926~1984)の「毒虫飼育」を読みました。


                           *****

【講義内容】

1. 5月27日(金): 1950年代の詩人たち
2. 6月10日(金): 1960年代の詩人たち
3. 6月24日(金): 1970年代の詩人たち
4. 7月8日(金):  1980年代の詩人たち
5. 7月22日(金): 1990年代の詩人たち
6. 8月5日(金):  2000年代の詩人たち
時間は19時00分~20時30分です。
[PR]

by hannah5 | 2011-05-29 20:56 | 詩のイベント | Comments(0)

緑の風がきもちいいこのごろ   


 しばらく更新が途絶えていますが、特に大きな変化があったわけではなく、相変わらずバタバタした生活を送っています。まず、詩から。
 今月は3誌に作品を送りました。3詩とも6月に発行予定です。旋律(長崎ら・めーるの会)と新現代詩(新現代詩の会)、あとの1誌は初参加です。出てからのお楽しみ。
 次に翻訳ですが、Full Life Study Bible の注解書の翻訳は現在マタイの福音書19章まで来ました。集中して翻訳に専念できないのが悩みの種です。マタイは28章までありますが、28章全部を無事終えることができたら、お祝いしましょう。
 あとは猫関係(最近うちにごはんを食べにくるようになった気の強い三毛ちゃん、この話はいつかまた)がちょいふえたし、母のこともまだまだ忙しいし、夕飯を食べ終わるころにはいつも披露困憊してパソコンの前でいつのまにかうたた寝zzz それに何より、最近は早起きみーにゃが一段と早起きになって、朝5時には起こしにきます。夜更かしはんなさんにこれはかなりきつい。本人はその後、お日様の下でひたすらぼーっとしていればいいんだからね。ぶつぶつ。
 というわけで、なんか楽しくバタバタ、ふぅ~、、、爽やかな5月の風に吹かれて、とろろ~んとお昼寝したいね。
[PR]

by hannah5 | 2011-05-18 19:32 | ご挨拶 | Comments(0)

詩画展 ~ 情景(絵画)から生まれた心情(詩)   


4月25日(月)から5月1日(日)まで、横浜詩人会の詩人たちと画家たちによるコラボ展が開催されていました(画廊「楽」にて)。詩人43名、画家33名による参加で、前回2009年10月に行われたコラボ展より参加作品も多く、企画規模ともに大きくなっていました。

b0000924_2265264.jpg


絵を見ながら湧いてくるインスピレーションを元に絵に言葉を添えていくこのコラボ展は、それぞれの詩人にとってけっこうチャレンジとなったのではないかと思いました。みつとみさんは「花と太陽とよろこび」と題された川村春水さんの絵に言葉を添えて参加。絵がかなり抽象的だったので、添える言葉を見つけるのがむずかしかったのではないかと思いました。(携帯撮影にてピンボケになりました。深謝。)

みつとみさんの作品
[PR]

by hannah5 | 2011-05-02 22:02 | 詩のイベント | Comments(0)