<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

日本の詩を読む VIII その6   


1月21日(月)は「日本の詩を読む」VIIIの最終講義でした。今回は中原中也における「詩と翻訳」-フランス近代詩と中也作品-を中心に講義が行われました。

中原中也はアルチュール・ランボーに傾倒、そのためにアテネフランセや東京外国語学校へ通ってフランス語を学び、小林秀雄と並んでランボーの翻訳を手がけました。中也はランボーの初期詩篇と後期韻文詩を翻訳、小林秀雄は『地獄の季節』(散文詩)と『イリュミナシオン』(初期には「飾画」と訳されていた)(散文詩)を翻訳しました。しかし、ランボーは『地獄の季節』以降文学を放棄、アポリア(問題否定)に陥った中也は以後ポール・ヴェルレーヌへと移っていきました。(ヴェルレーヌの作品に関しては翻訳をしなかったようです。)また、中也はヴェルレーヌやボードレールの原詩を借りて作品を書くこともしました。

教室で読んだ作品はシャルル・ボードレールの”Harmonie du Soir” (夕方のハーモニー)、上田敏が訳した「薄暮(くれがた)の曲」(『海潮音』)、中也がそれを翻案として書いた「時こそ今は・・・・・」、ポール・ヴェルレーヌの(Le ciel est, par-dessus le toit)、野村さんが訳された「(空は、屋根のむこうに―)」、ヴェルレーヌの詩を翻案として中也が書いた「帰郷」、中也の「骨」、それをアレンジした野村さんの「ほらほらこれがぼくの骨」でした。

次回の「日本の詩を読む」の講義は5月か6月頃、女性詩人を中心に読む予定です。


● 中原中也

時こそ今は……

              時こそ今は花は香炉に打薫じ
                          ボードレール

時こそ今は花は香炉に打(うち)薫(くん)じ、
そこはかとないけはひです。
しほだる花や水の音や、
家路をいそぐ人々や。

いかに泰子、今こそは
しづかに一緒に、をりませう。
遠くの空を、飛ぶ鳥も
いたいけな情け、みちてます。

いかに泰子、いまこそは
暮るる籬(まがき)や群青(ぐんじょう)の
空もしづかに流るころ。

いかに泰子、今こそは
おまへの髪(かみ)毛(げ)なよぶころ
花は香炉に打薫じ、


● 上田敏

薄暮(くれがた)の曲
          シャルル・ボードレール

時こそ今は水枝(みずえ)さす、こぬれに花の顫(ふる)ふころ。
花は薫じて追風に、不断の香の炉に似たり。
匂も音も夕空に、とうとうたらり、とうたらり、
ワルツの舞の哀れさよ、疲れ倦(う)みたる眩暈(くるめき)よ、

花は薫じて追風に、不断の香の炉に似たり。
痍(きず)に悩める胸もどき、ヸオロン楽(がく)の清掻(すががき)や、
ワルツの舞の哀れさよ、疲れ倦みたる眩暈(くるめき)よ、
神輿(みこし)の台をさながらの雲悲みて艶(えん)だちぬ。

痍(きず)に悩める胸もどき、ヸオロン楽(がく)の清掻(すががき)や、
闇の涅槃(ねはん)に、痛ましく悩まされたる優(やさ)心(ごころ)。
神輿(みこし)の台をさながらの雲悲みて艶(えん)だちぬ、
日や落入りて溺るるは、凝(こご)るゆふべの血潮(ちしほ)雲(ぐも)。

闇の涅槃(ねはん)に、痛ましく悩まされたる優(やさ)心(ごころ)、
光の過去のあとかたを尋(と)めて集むる憐れさよ。
日や落入りて溺るるは、凝(こご)るゆふべの血潮雲、
君が名残(なごり)のただ在るは、ひかり輝く聖体盒(せいたいごふ)。


● シャルル・ボードレール

Harmonie du soir

Voici venir les temps où vibrant sur sa tige
Chaque fleur s'évapore ainsi qu'un encensoir;
Les sons et les parfums tournent dans l'air du soir;
Valse mélancolique et langoureux vertige!

Chaque fleur s'évapore ainsi qu'un encensoir;
Le violon frémit comme un coeur qu'on afflige;
Valse mélancolique et langoureux vertige!
Le ciel est triste et beau comme un grand reposoir.

Le violon frémit comme un coeur qu'on afflige,
Un coeur tendre, qui hait le néant vaste et noir!
Le ciel est triste et beau comme un grand reposoir;
Le soleil s'est noyé dans son sang qui se fige.

Un coeur tendre, qui hait le néant vaste et noir,
Du passé lumineux recueille tout vestige!
Le soleil s'est noyé dans son sang qui se fige...
Ton souvenir en moi luit comme un ostensoir!
[PR]

by hannah5 | 2013-01-22 17:54 | 詩のイベント | Comments(0)

私の好きな詩・言葉(151)「遠泳」(秋 亜綺羅)   


遠泳


公園のブランコはひとりで揺れている
青い鳥が犯された

遮断機が降りたまま
踏切の向こう側で
あなたは幼くなっていく
待つなんてできない、たぶん

鏡がわたしの真似をしない
瞬間があってね
わたしがあなたになるときなんだ

鉄砲かついだ詩人が
ずどん!

あなたはまぶたを
閉じていたか

あなたのメガネのレンズは
真っ白だった
涙の塩
どんなに涙を流せば
こんなに白くなるのだろう



すべてのものはゼロで割ると無限大になる
焼酎のゼロ割りでも注文しようか

どうして遠くのものは小さく見え
どうして近くのものは大きく見えるのか

振り向くまえの背後は
無限大だろうか

幽霊たちの影たちと
一周遅れの長距離ランナーたちと
夢からさめると若くなかった少年がひとりと

夢からさめると
銀河は机の上にしかなかった

だれかは出発し
だれかは到着した
だれかは乗り越えた

明けない夜だってあるさ
溶けないチョコレートだってある
だけどチョコレートの闇は明けないんだ
だれとも他人なのだし
ひとりにしか感じないものなんてなく
夜は太陽をのみ込んだ



一九七五年十二月三日、あなたは跳躍した

大人用紙おむつを至急スーパーマーケットで
それを包んで捨てる古新聞紙をとりにアパートまで
洗面器とバケツとタオルはお風呂場
部屋にある原稿、雑誌、手紙類は焼き捨てて
それから田舎に電話して。困っている、と
それから仰向けのままジュースが飲める曲がるストローを。

キャン・ユー・ロール・ハー
アイ・キャント・ホールド・ハー

Rh+AB型保存血液七五〇ミリリットル、ブドウ糖五〇〇ミリリットル、果糖五〇〇ミリリットル、リンゲル液二五〇ミリリットル、鎮痛用麻酔注射六本、精神安定剤セルシンとバランスを一週間おきに交替して毎食後三〇分、消化促進のための胃腸薬毎食後三〇分、便秘予防のための下剤就寝まえ、新ブロバリン時に応じて、ヨーグルト一本、牛乳一本、鶏卵一個、ほうじ茶飲みたいだけ。

きのうとあしたをたして二で割れない
はじめてのきょうは存在した

振り向くことも
思い出したことも
裏切りも
憎しみもなく

あなたが呼びつづける音楽は
二匹のうさぎの子守唄になった

生まれつき片耳の白うさぎと
片耳がとれた白うさぎと

残されたのは
誕生未遂の白うさぎ

あなたが光と思っていたものは
光だったかもしれない

あなたが風と思っていたものは
風だったかもしれない

あなたが波と思っていたものは
波だったかもしれない

あなたが音と思っていたものは
音だったかもしれない

あなたが時と思っていたものは
時だったかもしれない

青い砂
青い雲
青い崖
青い船
青い汽笛
青い貝殻
青い足跡
青い陽光
青い穴
青い匂い

もちろん砂も、雲も、崖も、船も、汽笛も、貝殻も、足跡も、陽光も、穴も、匂いも
水溶性である

透明海岸

もちろん
蝶も
トンボも
タンポポの種子も

もちろん
鳥も
飛んでいる

鳥の島

机の上の銀河に
チョコレートのかけらが浮かんでいる
あなたの歯形が残ったままだ
三十七年になるかな

もう死にたいわけじゃなく
もう忘れたいわけじゃなく

遠泳
透明海岸から鳥の島まで

(秋亜綺羅詩集『透明海岸から鳥の島まで』より)

ひと言
[PR]

by hannah5 | 2013-01-16 15:41 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(0)

詩と思想新年会   


1月14日(月)は詩と思想の新年会でした(於ホテルグランドパレス)。詩と思想の新年会は毎回新人賞の贈呈式も兼ねていて、今年は永方ゆかさんの「からくり」が受賞しました。出かける直前くらいから東京には珍しい大雪となり(牡丹雪がしんしんと降っていました)、家にいようか迷いましたが、エイッ!という覚悟で出かけました。

参加者は少ないかと思ったのですが、会場いっぱいの方が見えて(遠くは新潟や大阪から来られた方もあったようです)、あいにくのお天気にもかかわらず、粛々とした新年会になりました。


【プログラム】

I. 第21回 詩と思想新人賞贈呈式 午後1時~2時

◇ 開会の挨拶中村不二夫
◇ 来賓の挨拶伊藤桂一、菊田守、清水茂、西岡光秋
◇ 挨拶と選考経過一色真理
◇ 選評相沢史郎、高良留美子、森田進
◇ 受賞者の表彰
◇ 受賞者紹介長谷川忍
◇ 受賞者挨拶と受賞詩の朗読  永方ゆか「からくり」
◇ 花束贈呈

II. 懇親会 午後2時~4時

◇ 最優秀新人賞表彰
◇ 乾杯比留間一成
◇ 祝宴
◇ スピーチ
◇ 遠方会員紹介
◇ 社主挨拶高木祐子
◇ 閉会の言葉小川英晴
  (敬称略)




*****

我が猫くんたちは牡丹雪に興奮気味でした

b0000924_2313216.jpg
                               ひゃー!
b0000924_2373699.jpg
                              ねぇ、ママ~

b0000924_2383758.jpg
                               わお!
[PR]

by hannah5 | 2013-01-14 22:57 | 詩のイベント | Comments(0)

日本の詩を読む VIII その5   


1月7日(月)は「日本の詩を読む」VIIIの5回目の講義でした。今回は宮沢賢治の文語詩と晩年病臥に冒された時に書いた「疾中詩篇」を中心に講義が行われました。

賢治は短歌、定型詩、文語詩を出発点とし、後に口語自由詩へと移行し、晩年には和歌を中心とした文語詩へ戻りました。この変遷の経緯は萩原朔太郎にも共通しており、短歌、定型詩、文語詩から出発した朔太郎はやがて『月に吠える』や『青猫』に代表される口語自由詩を書くようになり、晩年は漢語を中心とした文語詩へ戻りました(『氷島』)。賢治の場合は『春と修羅』が口語自由詩の代表作であり、晩年は文語詩の詩集ではなく、文語詩群(1928年以降)が残されています。しかし、朔太郎と賢治の決定的な違いは、朔太郎が詩のジャンルが異なる度にその都度自分と向き合ったのに対し、賢治の場合は一貫した賢治ならではのテーマがあり、それが次々とジャンルを越えていったと言えます。

今回読んだ作品は文語詩の「流氷(ザエ)」、「早春」、疾中詩篇の「眼にて云ふ」「〔丁丁丁丁丁〕」でした。どの作品も賢治らしさの薄い作品ではないでしょうか。

次回は最後の講義、中原中也を読みます。




流氷(ザエ)


はんのきの高き梢(うれ)より、   きらゝかに氷華をおとし、
汽車はいまやゝにたゆたひ、 北上のあしたをわたる。

見はるかす段丘の雪、    なめらかに川はうねりて、
天青石(アヅライト)まぎらふ水は、    百千の流氷(ザエ)を載せたり。

あゝきみがまなざしの涯、  うら青く天盤は澄み、
もろともにあらんと云ひし、 そのまちのけぶりは遠き。

南はも大野のはてに     ひとひらの吹雪わたりつ、
日は白くみなそこに燃え、  うららかに氷はすべる。





眼にて云ふ


だめでせう
とまりませんな
がぶがぶ湧いてゐるですからな
ゆふべからねむらず血も出つづけなもんですから
そこらは青くしんしんとして
どうも間もなく死にさうです
けれどもなんといゝ風でせう
もう清明が近いので
あんなに青ぞらからもりあがって湧くやうに
きれいな風が来るですな
もみぢの嫩芽と毛のやうな花に
秋草のやうな波をたて
焼痕のある藺草のむしろも青いです
あなたは医学会のお帰りか何かは知りませんが
黒いフロックコートを召して
こんなに本気にいろいろ手あてもしていたゞけば
これで死んでもまづは文句もありません
血がでてゐるにかゝはらず
こんなにのんきで苦しくないのは
魂魄なかばからだをはなれたのですかな
たゞどうも血のために
それを云へないがひどいです
あなたの方からみたらずゐぶんさんたんたるけしきでせうが
わたくしから見えるのは
やっぱりきれいな青ぞらと
すきとほった風ばかりです。
[PR]

by hannah5 | 2013-01-08 23:51 | 詩のイベント | Comments(0)

謹賀新年   



b0000924_16454629.jpg


皆様にとって良い年になりますように
本年もよろしくお願いいたします

はんな

[PR]

by hannah5 | 2013-01-01 16:47 | ご挨拶 | Comments(0)