<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

私の好きな詩・言葉(163)   



   Saturday, December 05, 2009


朧げな灯台は
薬指のような影を靡かせながら

乳香 没薬 黄金を
しなやかなアスパラガスに捧げる

掠れた時間が
傾いだ蜉蝣の瀧からあふれ

谺の微睡みのなかで
麦藁帽子は燃え尽きる

血の細波は キクロプスを幾度も訪れ
夕闇を伝って 守宮の舌が ひとしずく眠りに落ちる

《軽飛行機のコンパスは
 王女の隠れ家を 精確に探り当てた》

ここから先の国々には 台(うてな)がありません
足を踏み入れる方々 くれぐれもご注意を

線からはじめたものが いつの間にか赤い束になった
時間が働いたのだ ひとえに時間だ

食卓には 蝸牛の脳神経と ラディッシュのサラダ
加えて上質の微笑みを少々

羊皮紙一面にびっしりと書き込まれた水の魔法
余白に 書きかけの ちいさな王子様のお話

いいことがある時は いつも鐘が鳴った
ほら あそこの丘の上

(野村 龍詩集 『Stock Book』 より)

もう一篇
[PR]

by hannah5 | 2014-10-27 16:56 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(0)

私の好きな詩・言葉(162)   


友達


ぼくのいい一番大い好きな友達。それは便所です。いいいつも便所にいいるので、そういいう名前なのです。

便所はいいいい一日の殆どを、便所の手あ洗いい場で過ごします。い一度、手をあ洗いいい終わっても、すぐに汚れたと思って、引き返してきて、また手をああ洗いいます。だから、学校に来ても、便所は教室にはい行けません。

みんながああの日、「おまえは汚い! 臭い!」、そういい言って便所の目の前で教室の扉をバタンと閉めたからです。

初めてここへ来た日、寒くて、じめじめして、ナメクジやゴキブリがいいいっぱいいいる、この場所が怖くて、便所はしゃくりあ上げました。そして、ぼくに向かって尋ねるのです。「あああたしって汚いいいの?」「臭いいいの?」「ねえ、なんでああたしにはここしかいいい居場所がないいわけ?」 ぼくは答えることができませんでした。ただ、首のところが少しゆるんでいたので、いい一滴だけもらいい泣きをしただけでした。

ぼくは蛇口です。便所の手ああ洗いいい場の蛇口です。次の日も、便所はここへ来ました。髪も手も洋服も真っ黒に汚れ、乱れ、破れていいました。そして、便所はいいいきなりぼくを殴りました。さっき、みんなにされたみたいいに。何度も何度も。しゃくりああ上げながら。

便所がぼくを殴ったので、ぼくの首がゆるみました。その瞬間、あああああああああれがほとばしりました。あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ! 便所はびっくりして、ぼくの首を元に戻しました。それでも、ぼくの首は少しゆるんでいいたので、まだ続きが出ました。いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい。そして、やっと止まりました。

便所はざぶざぶとああああ洗われて、もうすっかりきれいいいになっていいました。便所はもうい一度ぼくに飛びつくと、叫びました。「大いいい好きな蛇口さん。あああたしはこれからずっと、ここにいいるわ!」

先生い! 便所があ洗ってもああ洗っても、また手あああ洗いいいいい場に来るのは、こういいいいいわけなのです。先生い! あああなたにはぼくの声が聞こえないい。でも、ぼくはここにいいます。そうです。ぼくは手洗いいいい場の蛇口です。便所が手をああ洗い続けていいいるあああいいだ、ぼくはこうやってしばり続けていいいます。

便所の手から先生いいの知らないい、国の言葉、難解なああ暗喩が勅諭が寓喩が象徴が記号が飛び散ります。それを見て、先生いいはいいい言います。「誰だ、垂れ流しをするやつは?」「なんで どもるんだ?」「正しくきれいな、よく石鹸で洗った日本語で、もっとわかりやすくやさしく話しなさい!」 そうして、また先生いいは便所をぶった。ああ、またぶった! そして、ぼくの首を思い切り絞めました。

それからぼくはひとことも口をきくことができません。

(一色真理詩集 『エス』 より)

ひと言
[PR]

by hannah5 | 2014-10-06 19:53 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(0)