<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

日本の詩を読む XIII 第1回 ~ 石原吉郎を読む   


野村喜和夫さんが講義される日本の詩を読むシリーズが始まりました。このシリーズ8回目の今回は石原吉郎を読んでいきます。スケジュールは以下の通りです。

第1回  4/20  石原吉郎へのアプローチ(1)「葬式列車」
第2回  5/18  石原吉郎へのアプローチ(2)「位置」「足利」
第3回  6/1   石原吉郎と存在 「脱走」「位置」「事実」
第4回  6/15  石原吉郎と原語 「酒がのみたい夜」「自転車に乗るクラリモンド」
第5回  6/22  石原吉郎とパウル・ツェラン 「花であること」「死」
第6回  6/29  石原吉郎と現代詩 「夜の招待」「馬と暴動」「伝説」
第7回  7/13  石原吉郎と私たち 「耳鳴りのうた」「フェルナンデス」


*****


4月20日は詩「葬式列車」の他に、散文「ペシミストの勇気について」と「ある<共生>の経験から」をそれぞれ少しずつ読みました。

石原吉郎はスパイ容疑で8年間にわたってシベリアの強制収容所に抑留されました。上記の散文は強制収容所での生活の様子を細部にわたって綴ったものですが、当時は書き留めることなどできなかったはずであることを思うと、今も現在進行形で経験しているかのように書かれた文章は強制収容所での経験が記憶からまったく薄れておらず、それどころか癒されずにうじうじと痛む傷口を舐めながら書いたような印象があります。依頼を受けて書いた文章は酒を飲まずには書くことができなかったそうですが、思い出しながら書くことでかえって精神的に追い詰められ、最後にほとんど自死に近い形で亡くなったそうです。

時代が危うい方向へ向かっている今、石原吉郎を読むことは意義のあることかもしれません。



葬式列車


なんという駅を出発して来たのか
もう誰もおぼえていない
ただ いつも右側は真昼で
左側は真夜中のふしぎな国を
汽車ははしりつづけている
駅に着くごとに かならず
赤いランプが窓をのぞき
よごれた義足やぼろ靴といっしょに
まっ黒なかたまりが
投げこまれる
そいつはみんな生きており
汽車が走っているときでも
みんなずっと生きているのだが
それでいて汽車のなかは
どこでも屍臭がたちこめている
そこにはたしかに俺もいる
誰でも半分はもう亡霊になって
もたれあったり
からだをすりよせたりしながら
まだすこしずつは
飲んだり食ったりしているが
もう尻のあたりがすきとおって
消えかけている奴さえいる
ああそこにはたしかに俺もいる
うらめしげに窓によりかかりながら
ときどきどっちかが
くさった林檎をかじり出す
俺だの 俺の亡霊だの
俺たちはそうしてしょっちゅう
自分の亡霊とかさなりあったり
はなれたりしながら
やりきれない遠い未来に
汽車が着くのを待っている
誰が機関者にいるのだ
巨きな黒い鉄橋をわたるたびに
どろどろと橋桁が鳴り
たくさんの亡霊がひょっと
食う手をやすめる
思い出そうとしているのだ
なんという駅を出発して来たのかを

( 『サンチョ・パンサの帰郷』 より)




石原 吉郎(いしはら よしろう)

1915年静岡県生れ。東京外語独語科卒業後、応召され、北方情報要員としてハルピンに配属される。1945年ソ連軍に抑留され、シベリアの強制収容所で8年間を送る。帰国後、粕谷栄一らと詩誌「ロシナンテ」を創刊。1964年第一詩集 『サンチョ・パンサの帰郷』 でH氏賞受賞。詩集に 『石原吉郎詩集』 『日常への強制』 『水準原点』 『禮節』 『北條』 『足利』、歌集に 『北鎌倉』 などがある。1977年死去。
( 『続石原吉郎詩集』 よりコピー抜粋)
[PR]

by hannah5 | 2015-04-22 19:33 | 詩のイベント | Comments(0)

ヴェルレーヌの詩によるフランス歌曲集   


フランスのカウンター・テナー、ジャルスキーの「フランス歌曲集(第2弾)-ポール・ヴェルレーヌの詩による」が発売されました。ブックレットのヴェルレーヌの詩を知人の岩切正一郎さんが日本語に訳されています。フランス語は読めないので原語の細かい雰囲気まではわからないのですが、岩切さんが美しい日本語に訳されています。夜、静かなひとときに少しずつ聴いています。ヴェルレーヌの詩の好きな方はぜひお聴きになってみてください。

b0000924_20211986.jpg


岩切正一郎さんは現在国際基督教大学で教鞭を取られている他、フランスの演劇や文学作品、芸術作品などの翻訳も手がけていらっしゃいます。野村喜和夫さんの詩の合評会でもご一緒させていただいています。
岩切さんのHP:岩切正一郎のホームページ
[PR]

by hannah5 | 2015-04-18 20:21 | Music | Comments(0)

詩に出会う(2) 映画 『パプーシャの黒い瞳』 より   


私の大地よ、私はあなたの娘


私の大地よ、森の大地よ、
私はあなたの娘。
森が歌い、大地がうるわしく歌う。
川と私はその歌声から、
一篇のジプシーの歌を作る。

私は山に行こう、
高い山に、
花で作られた
美しく華やかなスカートをはいて、
そしてありったけの力で叫ぼう――
ポーランドの大地よ、*1 赤と白の大地よ!
大地よ、誰もあなたを連れ去らない、
黒い森と善き心と私の大地よ。
私はあなたの娘。
大地よ、私はあなたを信じる、
あなたの上に育ち生きるもの
すべてを私は愛している。

大地よ、まるで金でできているように
輝きによって空を打つ大地よ、
黒い森と私の大地よ、
万物と私の母よ、
美と富の母よ!
私の黒い心臓は
あなたの歌に焦がれる。

大地よ、刈り取られたあなたの草原が
陽を浴びて金色になる、
大地よ、そこでは雷鳴が
大風と戦う、
私の心の中の歌のように。
そこでは金槌が石を打ち
大きな火が熾(おこ)る。

大地よ、かわいい大地よ!
夜ごと高みの大いなる星々が
あなたを見つめて
ジプシー娘のようにしゃべりあう。

大地よ、本当にごめんなさい、
私の歌がつたなくて、
*2 ジプシーのしるしがたくさんあって。
私の体をあなたのうちに横たえて、
すべてが終わって死ぬ時に、どうか私を受け入れて!

私は山に行こう、
高い山に、
ありったけの力で叫ぼう――
白と赤のスカートをはいて、
スカートについてのジプシーの歌を歌おう。
死をいとわないで、私の黒い心臓よ、
私の大地のため、私の国のためになら!

私の大地よ、黒い森の大地よ、
あなたの上にあるものすべてを、
あなたはこの世に生み出した、
美しくすばらしいあなたは、
陽の光を見つめている、
待ちこがれる黒い許嫁さながらに――。

金色の太陽はハンサムな婚約者のように
激しく恋をした、大地に、
黒い肉体の美しさに。
太陽と大地、互いに抱き合い絡み合ってキスをして、
大地は遠くない瞬間を待つ、
母となるために。

大地よ、あなたは光を得て走る、
世界のかなたへ光を届ける。
あなたの作りしもの――それは大いなる作品。
私の歌はあなたに焦がれ
愛する人を想う心のように戻ってくる。

黒い森の大地よ、
私はあなたの上で育った、愛する大地よ、
あなたの苔の上で生まれた。
ありとあらゆる微小な生き物が――
めいめいにかじり、刺した、
私の若い体を。
大地よ、あなたは涙と歌で
私を眠りにつかせてくれた、
大地よ、あなたは私を悪と善の中へ
変化の中へ投げ入れた!
大地よ、私はあなたを強く信じる、
あなたのためなら死んでもいい。
誰も私からあなたを奪えず、
私は誰にもあなたを渡さない。
(1952年作)

*1 赤と白 ポーランドの国旗の色
*2 ジプシーのしるし ジプシーが自然の中に残す目印をさす。藁の束、結び合わせた枝、石や骨を積んだもの、木の幹に刻んだ傷、地面に描いた絵などで、分かれ道や野営地の近くに残し、他の集団に旅路を知らせたり自分たちの居場所を伝えたりした。




(コンサートホールでソプラノで歌われるパプーシャの詩で、題名はない)

いつだって飢えて
いつだって貧しくて
旅する道は、悲しみに満ちている
とがった石ころが
はだしの足を刺す
弾が飛び交い
耳元を銃声がかすめる
すべてのジプシーよ
私のもとへおいで
走っておいで
大きな焚き火が輝く森へ
すべてのものに
陽の光が降り注ぐ森へ
そして私の歌を歌おう
あらゆる場所から
ジプシーが集ってくる
私の言葉を聴き
私の言葉にこたえるために

(『パプーシャ その詩の世界』より)


b0000924_18334980.jpg


ひと言
[PR]

by hannah5 | 2015-04-11 18:19 | 詩に出会う | Comments(0)

Happy Easter   



b0000924_20103991.jpg

b0000924_20105373.jpg


遅ればせながら、イースターおめでとうございます。
先週の日曜日は復活祭の日曜日でした。
[PR]

by hannah5 | 2015-04-07 20:13 | イエス・キリスト | Comments(0)