<   2017年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

詩誌喜和堂第4号   






喜和堂の同人誌、詩誌喜和堂第4号が発刊されました。

内容:連詩、企画高尾山を書く、企画カラヴァッジョ展を書く、詩、散文。

参加者:野村喜和夫、芦田みのり、有泉はるみ、岩切正一郎、川津望、来住野恵子、佐峰存、中家菜津子、はんな、森川雅美、渡辺めぐみ。




[PR]

by hannah5 | 2017-11-05 23:18 | 投稿・同人誌など | Comments(0)

「日本の詩を読む/世界の詩を読む」第2期-「ランボー『イリュミナシオン』への招待」第2回   


2
回目のランボーの講義は「「あけぼの」-宇宙とのエロス的合一を求めて」と題し、ランボーにとっての自然、宇宙、エロス、生などを中心に講義が進められました(10/22)。また、宮澤賢治における「宇宙的合一」にも言及し、ランボーと宮澤賢治を比較した上で両者の類似性と非類似性を見ました。読んだ作品はランボーの「感覚」(Sensation)(粟津則雄訳)、「あけぼの」(Aube)(鈴村和成訳)、宮澤賢治の詩「その恐ろしい黒雲が」、野村さんの『哲学の骨、詩の肉』からランボーについて述べた部分(p.122-125)でした。


あけぼの

 俺は夏のあけのぼを抱きしめた。

 宮殿の正面ではまだ何も動いていなかった。水は死んでいた。影の野営地は森の道を離れていなかった。俺は歩いた、――生き生きと生暖かい息吹をめざめさせながら。すると宝石類は目を見ひらき、翼は音もなく起き上がった。

 最初に起こったこと、それはすでに爽やかな蒼白い燦きに充たされた小道で、花が俺にその名をつげたことだ。

 俺がブロンドの(ワッサーファル)ってと、そい銀色女神

 そこで俺は一枚ずつヴェールをとっていった。並木道では、腕を振りまわして。野原を通り、俺は彼女は雄鶏にいいつけてやった。大都市では彼女は鐘楼とドームの間を逃げて行った。大理石の河岸を乞食のように駆けて、俺は彼女を追った。

 道を登りつめたところ、月桂樹の森の近くで、俺は彼女をかき集めたヴェールに包んだ。そして俺はわずかに彼女のおおきな体を感じた。あけぼのと子供は森の下方に落ちて行った。

 めざめると正午だった。

(鈴村和成訳)


Aube

J'aiembrassé l'aube d'été.

Rien ne bougeait encore au front des palais. L'eau était morte. Les campsd'ombres ne quittaient pas la route du bois. J'ai marché, réveillant leshaleines vives et tièdes, et les pierreries regardèrent, et les ailes selevèrent sans bruit.

La première entreprise fut, dans le sentier déjà empli de frais et blêmeséclats, une fleur qui me dit son nom.

Je ris au wasserfall blond qui s'échevela à travers les sapins : à la cimeargentée je reconnus la déesse.

Alors je levai un à un les voiles. Dans l'allée, en agitant les bras. Par laplaine, où je l'ai dénoncée au coq. À la grand'ville elle fuyait parmi lesclochers et les dômes, et courant comme un mendiant sur les quais de marbre, jela chassais.

En haut de la route, près d'un bois de lauriers, je l'ai entourée avec sesvoiles amassés, et j'ai senti un peu son immense corps. L'aube et l'enfanttombèrent au bas du bois.

Au réveil il était midi.



感覚

青い夏の夕暮には、小道伝いに、

麦にちくちく刺されながら細い草を踏みにゆくんだ、

夢みながら、ひんやりとしたその冷たさを足もとに感じるんだ、

帽子もかぶらぬこの頭を吹く風に浸しておくんだ。

もう何もしゃべらない、もう何も考えない、

ただ限りない愛だけが魂に湧いてくるんだ、

ぼくは行くんだ、うんと遠くへ、ジプシーみたいに、

自然のなかを、――心楽しく、まるで女といっしょのように。

(粟津則雄訳)


Sensation

Par les soirs bleus d'été, j'irai dans lessentiers,

Picoté par les blés, fouler l'herbe menue:

Rêveur, j'en sentirai la fraîcheur à mes pieds.

Je laisserai le vent baigner ma tête nue.

Je ne parlerai pas, je ne penserai rien:

Mais l'amour infini me montera dans l'âme,

Et j'irai loin, bien loin, comme un bohémien,

Par la nature, heureux comme avec une femme.




[PR]

by hannah5 | 2017-11-04 06:56 | 詩のイベント | Comments(0)