私の好きな詩・言葉(171)   


雪わりのバラライカ  菅啓次郎さんに


さっきの蚤の市で 六百ルーブルで買った
ミリタリーブーツをさわる
羊歯がその凍った波音で ぼくを
地面に呼びもどそうとする
見たこともない小鳥たちが鼓動一回分だけ
たちどまり 雪道のうえにも
蜃気楼をつないだ 森には
いつだって 極微の伝説が生まれる
北極星の星穴 雪をかぶったマイヅルソウの
まさにいまこれから
舞いあがろうとする銀の葉のうえに見つけた
タケネズミ一家の
移動の足あと 森は静けさの喉の奥で
かたちのない変身への第一声をあげる
留学生だったサーシャは自然観察用とおぼしき
古びた露日辞書のページを
鹿皮の手袋をはめた無骨な指先でめくる
彼女はいま言葉のハンター
ロシア人特有の やや度がすぎた几帳面さで
辞書の銃眼から森をゆっくりにらみ
ページをわたる風を計測し あれは モミ です
とおごそかにトリガーをひく たしかに
トドマツはモミ属 これは
ホボーシュ イノシシがよく食べています
トクサはロシア語でホボーシュ
東北の水辺でよく見かけた頭のないアスパラガス
ムーミンのニョロニョロに似た青臭い茎が
耳もとに浮かぶ ぼくはなんだかうれしくなって
道々 ホボーシュ ホボーシュ と口ずさみ
やがてうたいだしながら 歩いていく
じゃあ この胡桃は?
ええ それは マンジェルノ
マンジェルノ マンジェルノ
なんだかおいしそうな名前だね
はい ウオトカに三年漬けると
ふわふわのお餅になっておいしく食べられます
森の奥底から通奏低音のような
ボォホウ ボォホウ という鳴声が聴こえる
あれはなに? あれは ええと
鳴かないウグイス ですね
こんどは 鳴かないウグイス! ぼくはその
日本語には存在しないじつに詩的な鳥名に
びっくりしてしまう
いいえ いいえ 待ってください
やっぱりカッコウ カッコウ です?
断言と疑念がいりまじる 八割方は幽霊的な構文が
日本語だとすんなり意味がとおって
聴こえてしまうのだから なんだかおかしい
カッコウはそんな声では鳴かないよ
そういえば昨日 赤の広場からの帰り
湖畔のサウナ小屋(バニヤ)で地平線を刻々きざんでゆく
黒い太陽を見つめながら 長い睫毛を伏せがちに
きみはこんな話をしてくれたっけ
わたしたちロシア系ユダヤ人は
伝統として物や樹や雲や 小石の物語を
聴くのです ですからクラースナヤ
プローシシャチを訪れると
ついあの あざやかな朱の壁たちに
どんな音を聴いたことが
あるのか 尋ねてみたくなります
ぼくはといえば そのバスタオルのしたで
大きくふくらんだ きみの乳房と
寒さでそり返り 怨ずるようにとがったものが
どんな音を発させるのか 気が気じゃなかったけど
ねえ サーシャ 音というものは
いつだって ぼろぼろの幻をはりつけた
魂の内壁にすぎない それでも
ぼくの耳の外にあるやわらかい月
そのオウム貝のうえで
鳴かないウグイスたちが
ここでも彼方でもなく
つぎつぎ孵化し 羽ばたきはじめている
詩人としてのぼくの祈りは
言葉が裸にされてしまうこと
文字が音符にまで解凍され 奇妙にまぶしい
無音の国際音標文字であること
括弧だらけの枯れ草のうえにちらばった
スグリの紅い実と折れ枝の通信録 突風のごとく
上昇するオオアジサシの群れが巻きあげた
粉雪は 森の十字架に見える杣道の十字路でぶつかり
七色に音声変化する でもさ
鳴かないウグイスって ほんとうに
ロシア語にいるの? 彼女は雪水の清流につかった
ヘビイチゴを思わせる 冷たく熟れた唇を
とがらしていう
だって 辞書にそう書いてあるけん!

(石田瑞穂詩集 『耳の笹舟』 より)

ひと言
[PR]

# by hannah5 | 2017-01-05 19:48 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(0)

あけましておめでとうございます   


b0000924_20103959.jpg


よい年になりますように。
今年もよろしくお願いいたします。


はんな


.
[PR]

# by hannah5 | 2017-01-02 20:10 | ご挨拶 | Comments(0)

日本の詩を読むXI ~ 緊急的戦後詩再読提言(第4回)   


「戦後詩を読む」の第4回目は、前回時間が足りなくて触れなかった部分の田村隆一について少しと、北村太郎についての講義でした(12/19)。

不思議なというか偶然というか、教室の参加者の中に北村太郎を読んだことのある人は私も含めてほとんどいず、資料として配布された作品が北村太郎に触れた初めてだった人ばかりでした。北村太郎は荒地の中心的存在であったにもかかわらず、実際に詩集を刊行したのは44歳になってからで、荒地の詩人たちとは逆に、後年になってから爆発的に詩を書くようになりました。

資料で配布された作品は初めて読む作品でしたが、その繊細な響きは恐らく鮎川信夫や田村隆一よりずっと心に響くものがあって、北村太郎を読んでこなかったことが少なからず悔やまれました。



朝の鏡


  北村太郎


朝の水が一滴、ほそい剃刀の
刃のうえに光って、落ちる――それが
一生というものか。不思議だ。
なぜ、ぼくは生きていられるのか。曇り日の
海を一日中、見つめているような
眼をして、人生の半ばを過ぎた。

「一個の死体となること、それは
常に生けるイマージュであるべきだ。
ひどい死にざまを勘定に入れて、
迫りくる時を待ちかまえていること」
かつて、それがぼくの慰めであった。
おお、なんとウェファースを噛むような

考え! おごりと空しさ! ぼくの
小帝国はほろびた。だが、だれも
ぼくを罰しはしなかった。まったくぼくが
まちがっていたのに。アフリカの
すさまじい景色が、強い光りのなかに
白々と、ひろがっていた。そして

まだ、同じながめを窓に見る。(おはよう
女よ、くちなしの匂いよ)積極的な人生観も
シガーの灰のように無力だ。おはよう
臨終の悪臭よ、よく働く陽気な男たちよ。
ぼくは歯をみがき、ていねいに石鹸で
手を洗い、鏡をのぞきこむ。

朝の水が一滴、ほそい剃刀の
刃のうえに光って、落ちる――それが
一生というものか。残酷だ。
なぜ、ぼくは生きていられるのか。嵐の
海を一日中、見つめているような
眼をして、人生の半ばを過ぎた。




.
[PR]

# by hannah5 | 2016-12-28 13:20 | 詩のイベント | Comments(0)

Merry Christmas!   


b0000924_20544795.jpg
Adoration of the Magi
by Bartollemé Este ban Murillo




すると、見よ、東方で見た星が彼ら(東方の博士たち)を先導し、ついに幼子のおられる所まで進んで行き、その上にとどまった。その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。そしてその家に入って、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。そして、宝の箱をあけて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた。(マタイの福音書2:9-11)


クリスマスの喜びがお一人お一人の上にありますように。


.
[PR]

# by hannah5 | 2016-12-25 23:57 | ご挨拶 | Comments(0)

日本の詩を読むXI ~ 緊急的戦後詩再読提言(第3回)   


「戦後詩を読む」の第3回目は田村隆一についてでした(12/12)。田村隆一は荒地派の詩人たちの中でも私にとっては比較的近づきやすい詩人ですが、それはどこか江戸っぽさがあったり(東京生まれの東京育ち)、端正な雰囲気や英国趣味的なものを持っていたりする点に起因しているのかもしれません。講義は田村隆一の垂直性の詩学、対句的書法(エクリチュール)などの話を中心に進められました。読んだ作品は「腐刻画」、「幻を見る人」、「立棺」でした。



立棺




わたしの屍体に手を触れるな
おまえたちの手は
「死」に触れることができない
わたしの屍体は
群集のなかにまじえて
雨にうたせよ

  われわれには手がない
  われわれには死に触れるべき手がない

わたしは都会の窓を知っている
わたしはあの誰もいない窓を知っている
どの都市へ行ってみても
おまえたちは部屋にいたためしがない
結婚も仕事も
情熱も眠りも そして死でさえも
おまえたちの部屋から追い出されて
おまえたちのように失業者になるのだ

  われわれには職がない
  われわれには死に触れるべき職がない

わたしは都会の雨を知っている
わたしはあの蝙蝠傘の群れを知っている
どの都市へ行ってみても
おまえたちは屋根の下にいたためしがない
価値も信仰も
革命も希望も また生でさえも
おまえたちの屋根の下から追い出されて
おまえたちのように失業者になるのだ

  われわれには職がない
  われわれには生に触れるべき職がない



わたしの屍体を地に寝かすな
おまえたちの死は
地に休むことができない
わたしの屍体は
立棺のなかにおさめて
直立させよ

  地上にはわれわれの墓がない
  地上にはわれわれの屍体をいれる墓がない

わたしは地上の死を知っている
わたしは地上の死の意味を知っている
どこの国へ行ってみても
おまえたちの死が墓にいれられたためしがない
河を流れて行く小娘の屍骸
射殺された小鳥の血 そして虐殺された多くの声が
おまえたちの地上から追い出されて
おまえたちのように亡命者になるのだ

  地上にはわれわれの国がない
  地上にはわれわれの死に値いする国がない

わたしは地上の価値を知っている
わたしは地上の失われた価値を知っている
どこの国へ行ってみても
おまえたちの生が大いなるものに満たされたためしがない
未来の時まで刈りとられた麦
罠にかけられた獣たち またちさな姉妹が
おまえたちの生から追い出されて
おまえたちのように亡命者になるのだ

  地上にはわれわれの国がない
  地上にはわれわれの生に値いする国がない



わたしの屍体を火で焼くな
おまえたちの死は
火で焼くことができない
わたしの屍体は
文明のなかに吊るして
腐らせよ

  われわれには火がない
  われわれには屍体を焼くべき火がない

わたしはおまえたちの文明を知っている
わたしは愛も死もないおまえたちの文明を知っている
どの家へ行ってみても
おまえたちは家族とともにいたためしがない
父の一滴の涙も
母の子を産む痛ましい歓びも そして心の問題さえも
おまえたちの家から追い出されて
おまえたちのように病める者になるのだ

  われわれには愛がない
  われわれには病める者の愛だけしかない

わたしはおまえたちの病室を知っている
わたしはベッドからベッドへつづくおまえたちの夢を知っている
どの病室へ行ってみても
おまえたちはほんとうに眠っていたためしがない
ベッドから垂れさがる手
大いなるものに見ひらかれた眼 また渇いた心が
おまえたちの病室から追い出されて
おまえたちのように病める者になるのだ

  われわれの毒がない
  われわれにはわれわれを癒すべき毒がない



.
[PR]

# by hannah5 | 2016-12-19 14:26 | 詩のイベント | Comments(0)

日本の詩を読むXI ~ 緊急的戦後詩再読提言(第2回)   


戦後詩を読む2回目の講義は11月21日に行われました。鮎川信夫Part IIで、今回は「橋上の人」を中心に講義が進められました。

「橋上の人」は戦中から戦後にかけて3回にわたって書き直されましたが(1943年、1948年、1951年)、書き直されるたびに長くなっていきました。しかし、3つの作品に根本的な違いはなく、通底して伝わってくるものがあるようです。最近出された樋口良澄さんの 『鮎川信夫、橋上の人』 を参考にしながら、「橋」の多面的な解釈や、鮎川信夫と荒地とのかかわり、吉本隆明との関係、鮎川が次第に批評へと軸足を変え、詩は書かなくなったことなどが講義の中心でした。教室では1943年に書かれた「橋上の人」を読みました。



橋上の人

  鮎川信夫


高い欄干に肘をつき
澄みたる空に影をもつ 橋上の人よ
啼泣する樹木や
石で作られた涯しない屋根の町の
はるか足下を潜りぬける黒い水の流れ
あなたはまことに感じてゐるのか
澱んだ鈍い時間をかきわけ
櫂で虚を打ちながら 必死に進む舳の方位を

花火をみてゐる橋上の人よ
あなたはみづからの心象を鳥瞰するため
いまはしい壁や むなしい紙きれにまたたく嘆息をすて
とほく橋の上へやってきた
人工に疲れた鳥を
もとの薄暗い樹の枝に追ひかへし
あなたはとほい橋の上で 白昼の花火を仰いでゐる

渇いたこころの橋上の人よ
眠れる波のしずかな照応のなかに
父や母 また友の顔もゆらめいてゐる
この滑らかな洞よりも さらに低い営みがあるだらうか
たとえば純粋な緑が 墳墓の丘より呼びかけようと
水の表情は動かうともすまい

夢みる橋上の人よ
この泥に塗れた水脈もいつかは
雷とともに海へ出て 空につらなる水平線をはしり
この橋も海中に漂ひ去って 踊りたつ青い形象となり
自然の声をあげる日がくるだらうか

熱い額の 橋上の人よ
あなたはけむれる一個の霧となり
あなたの生をめぐる足跡の消えゆくを確め
あなたは日の昏れ 何を考へる
背中を行き来する千の歩みも
忘却の階段に足をかけ
濁れる水の地下のうねりに耳を傾けつつ
同じ木の手摺につかまり 同じ迷宮の方向へ降りてゆく

怒の鎮まりやすい刹那がえらばれて
果して肉体だけは癒る用意があるかのやうに
うるんだ瞳の橋上の人よ
日没の空にあなたはわななきつつ身を横たへ
黒い水のうへを吹く
行方の知れぬ風のことばにいつまでも微笑を浮べてゐようとは

模糊とした深淵のほとりから離れ
ほっそりした川のやうに渝らぬ月日を行くことが出来る
しかし橋上の人よ
たとえ何処の果へゆかうとも
内部を刻む時計の音に 蒼ざめた河のこの沈黙はつきまとひ
いくつもの扉のやうに行手をさへぎり
また午後の廊下の如くあなたの躰を影にするだらう

どうしていままで忘れてゐたのか
あなた自身が小さな一つの部屋であることを
此処と彼処 それも一つの幻影に過ぎぬことを
橋上の人よ 美の終局には
方位はなかった 花火も夢もなかった
風は吹いてもこなかった
群青に支へられ 眼を彼岸へ投げながら
あなたはやはり寒いのか
橋上の人よ




.
[PR]

# by hannah5 | 2016-11-26 20:37 | 詩のイベント | Comments(0)