声ノマ 全身詩人、吉増剛造展   


現在、東京国立近代美術館で吉増剛造展が開かれている(6月7日~8月7日)。若い時からの日誌や自筆原稿、写真、覚書、銅板、カセットテープ、映像作品、大野一雄とのコラボレーション、怪物君の制作風景や実際の制作物、写真、カセットテープに吹き込まれたさまざまな声を実際に天上から吊り下げたスピーカーから流す<声ノート>など、吉増剛造さんの作品と資料がワンフロア―全体を使って展示されている。タイトルの「声ノマ」の「マ」には魔、間、真、目、待、蒔、磨、交、舞、摩、増など様々な意味が込められていて、「漢字をカタカナに置き換えることで、言葉(音)が本来もっていた多義性を回復させる」意味があるそうだ(東京国立近代美術館吉増剛造展HPより)。私自身は吉増さんのファンではないが、展示された詩や芸術作品を通して吉増さん自身の精神世界に触れ、圧倒される思いだった。ひとつひとつゆっくり見ているうちに閉館時間になってしまい、最後の大野一雄とのコラボレーションはほとんど見ることができなかった。時間があれば再度見たいが、7日で終わるので行けるかどうか。展覧会のチラシをかいつまんでご紹介するので、少しでもGozoワールドに触れていただければと思う(0から9の番号は部屋番号)。尚、写真撮影が許可されている部屋があり、ここに掲載したものはその部屋で撮ったものである。



【声ノマ 全身詩人、吉増剛造展 The Voice Between: The Art and Poetry of Yoshimasu Gozo】


0. イントロダクション Introduction

展覧会は詩人の吉増剛造と「声」とのかかわりをさまざまな角度から紹介している。9つの部屋は黒い紗の幕で分けられており、吉増が農具の箕や「U」の字など、空間がゆるやかにうまれつつあるような形体に関心を持ち続け、そこからあるようでない、ないようである境界線を生み出していることを表している。紗の境界線は見方によってはほとんどないものとして感じられ、吉増における各ジャンル間の深いつながりを意味している。


1. 日誌・覚書 Diaries and Memos

1961年1月(22歳になる直前)から2012年までの日誌や覚書が展示されている。若い頃の「内なる声の吐露」から年を経て「外の声を聞き、内なる声を蓄えるためのメモ」へと変化している。


2. 写真 Photography

離れた二つの場所を重ね合わせる多重露光という手法で撮られた写真が展示されている。多重露光により、夢現の景色と独特の静けさが生まれている。萩原朔太郎の作品も紹介されている。


3. 銅板 Copper Sheets

彫刻家の若林奮から送られてきた薄い銅板に、彼からもらったハンマーと鏨(たがね)で言葉を打ち込んだもの。言葉を打ち込んだ銅板はさまざまな所へ持ち歩き、写真に撮っている。

b0000924_2236203.jpg

b0000924_22364714.jpg
この銅板は実際に手で持ってもよい



4. <声ノート>等 Voice Notebooks, etc.

吉増自身の声をカセットテープに録音してメモを取った「声ノート」や、瞽女(ごぜ)や恐山のイタコ、相撲甚句、歌謡曲の歌手などの声が録音されたものなど、約1000本のカセットテープが展示されている。また、天井からは10本のスピーカーが吊り下げられていて、<声ノート>や録音されたさまざまな声が流れている。

b0000924_6262436.jpg
1000本のカセットテープ

b0000924_6194523.jpg

b0000924_6204669.jpg

b0000924_6213037.jpg

       
b0000924_22451029.jpg

b0000924_22393328.jpg
天井から吊り下げられたスピーカ―からは常時録音された声が聞こえてくる


b0000924_6274190.jpg



5. 自筆原稿 Manuscripts

詩やエッセイのための自筆原稿が展示されている。吉本隆明の詩の原稿や中上健次の原稿も展示されている。


6. <gozoCinè>

無編集のロードムービー的な映像が映されていて、吉増自身の声の解説がついている。「まいまいず井戸」は井戸そのものより、吉増自身の解説が面白かった。



7. 怪物君 Dear Monster

2011年の東日本大震災後の1年後に制作を開始した作品で、前半は吉増による朗読、後半は吉増の制作風景を吉増が自撮りした映像を見ることができる。


8.

演出家、飴屋法水による<怪物君>をモチーフにした空間。


9. コラボレーション Collaborations

大野一雄の舞踏と吉増の詩の朗読のコラボレーション。パフォーマンスは釧路湿原で行われた。




.
[PR]

# by hannah5 | 2016-08-01 22:42 | 詩のイベント | Comments(0)

野川朗読会7   


昨日は午後から成城ホールで野川朗読会が催されました。毎回「ひとことテーマ」が決まっていて今回は「私はみんなにこう呼ばれたい」で、出演者各人がどのように呼ばれたいかを朗読の前に言い、会場の聴衆が「○○さ~ん」と呼んでから始めるもので、ニックネームや急遽考案したものやずっとそう呼ばれてきたものなどいろいろでした。また、今回の対談はいつもの長野まゆみさんと田野倉康一さんにそらしといろさんと三角みづ紀さんが加わって、宮澤賢治と稲垣足穂についての思いや知識や発見など、かなり突っ込んだ対談でよかったです。野川朗読会は今回で7回目ですが、思い入れたっぷりの派手なパフォーマンスはなく、詩の朗読と対談に限定して淡々と続けていくのはよいと思います。


【プログラム】

<ひとことテーマ>私の名前・・・・私はみんなにこう呼ばれたい

● 一部
[朗読]
伊藤浩子、生野毅、渡辺めぐみ、そらしといろ、三角みづ紀、長野まゆみ、田野倉康一

[対談]
長野まゆみ、田野倉康一、そらしといろ、三角みづ紀

● 二部
[朗読]
長野まゆみ、田野倉康一、新井高子、樋口良澄、杉本真維子、一色真理、岡島弘子

(司会)一色真理
(敬称略)

主催 そうかわせみ、の会
後援 思潮社、土曜美術社出版販売



b0000924_1336367.jpg
朗読する渡辺めぐみさん



b0000924_1339411.jpg
三角みづ紀さん



.
[PR]

# by hannah5 | 2016-07-19 13:41 | 詩のイベント | Comments(0)

日本の詩を読む X ~ 四季派の時代(第7回)   


「四季派の時代」の最終講義は伊藤静雄についてでした(講義のタイトルは「「コギト」と伊藤静雄」)(7/11)。堀口大学の 『月下の一群』、上田敏の 『海潮音』、永井荷風の 『珊瑚集』 など、日本の近代詩は西洋の詩、特にフランス文学の詩を学ぶことから始まりましたが、伊藤静雄はドイツのヘルダーリンから強い影響を受けたと言われています。20代半ばで抒情詩の同人誌「コギト」に参加、伊藤静雄の詩の難解さ、日本浪漫派への参加、第一詩集 『わがひとに与ふる哀歌』 が萩原朔太郎から絶賛されたことなどが講義の中心でした。読んだ作品は詩集 『わがひとに与ふる哀歌』 から「晴れた日に」、「曠野の歌」、「わがひとに与ふる哀歌」、「水中花」、「春の雪」、大岡信の「抒情の行方 伊藤静雄と三好達治」(一部)、萩原朔太郎の「わがひとに與ふる哀歌 伊藤静雄の詩について」でした。



わがひとに与ふる哀歌


太陽は美しく輝き
あるひは 太陽の美しく輝くことを希(ねが)ひ
手をかたくくみあはせ
しづかに私たちは歩いて行った
かく誘ふものの何であらうとも
私たちの内の
誘はるる清らかさを私は信ずる
無縁のひとはたとへ
鳥々は恒(つね)に変らず鳴き
草木の囁きは時をわかたずとするとも
いま私たちは聴く
私たちの意志の姿勢で
それらの無辺な広大の賛歌を
あゝ わがひと
輝くこの日光の中に忍びこんでゐる
音なき空虚を
歴然と見わくる目の発明の
何にならう
如(し)かない 人気ない山に上り
切に希はれた太陽をして
殆ど死した湖の一面に遍照さするのに




.
[PR]

# by hannah5 | 2016-07-15 22:54 | 詩のイベント | Comments(0)

国際現代詩シンポジウム ―「詩と幼年時代」―   


7月1日(金)、「詩と幼年時代」と題して日中の詩人たちによるシンポジウムがありました(於城西大学)。午前中は中国人民大学の教授で魯迅の研究者、高旭東さんの魯迅に関する講演があり、午後は日中の現代詩人たちによる朗読会と座談会がありました。高旭東さんの講演は時間の関係で行けませんでしたが、午後からの朗読会と座談会を聴講しました。

最初に座談会があり、各詩人が自分の幼年時代はどのようなものだったか、それは現在の詩作にどのような影響を与えているか、また自分にとって幼年時代は何を意味しているかなどを述べた後、それに対する応答や感想が各詩人から述べられました。興味深かったのは幼年時代は自分の人生の原風景であるとする意見や、幼年時代は物事をありのままに受けているため、それが現在の創作のもっとも大きな原点になっているという認識を日中両方の詩人たちの多くが共通してもっていることでした。(通訳がひどくて、中国人の詩人たちの言っていることが全部伝わらなかったのはちょっと残念でした。)座談会の後は、各詩人がそれぞれ1篇ずつ自分の詩を朗読しました。参加した詩人は中国から楊克(Yang Ke)、梁暁明(Liang Xiao Ming)、樹才(Shu Cai)、華清(Hua Qing)、从容(Cong Rong)、田原(Tian Yuan)、日本からは宇佐美孝二、竹内新、新延拳、野村喜和夫、三角みづ紀、水田宗子でした。(敬称略)

印象に残った詩を日中それぞれから1篇ずつ。




あまのがわ

   三角みづ紀


わたしには
世界が足りないと
示された午後
錠剤が友達でした
お母さん、
それが毒だと
あなたは何故云えるのか

おいてかれたくないんだ
って
呟いたサカイメのひと
わたしも
って
云えなかったのは
別の船を選択していたから
お母さん、
あなたは
何色の船に乗るのか

お母さん、
あなたが隠した
ヒントはいまでも
島に埋まっている
ことを
知っていますか
あなたの娘は
インクに血液を
忍ばせている
わたしの意志ではない
血がそうさせるのだ

お母さん、
わたしはもう
果ての果てまできてしまって
あなたの織りかけの布だけが
到達しているのだと
おもう

わたしには世界が足りない
世界が足りないことを
産まれながらに知った
わたしには
錠剤が必要で
それが毒だと
手足ができるより先に
知ってはいたのだ





1990年9月15日 (竹内新訳)

   樹才


私には空の庭があるのだから
どうして地上に住まう必要があろう?
9月 それは林檎の木に 熟れ 腐乱して……

季節は瀑布 9月よ!
9月はすべてを暗示してしまっている
だがプロセスを踏まなければならない まだ途中なのだ

何故ならいつか必ず起こることであり 私以前にも
すでに発生していたことだからだ
生は命じている 悲嘆にくれて頭を垂れよと
見よ 私たちは畢竟粘土から成る人間なのだ!

星がもし光を発しないなら 空は安らかだろうか?
私は悲劇の信条のなかでしか
空を祝福することができない

空よ 空 おまえは私を
思う存分に舞い上がらせる
私は この肉体が落下したとしても惜しくはない

魂がもし光を発しないなら 肉体は安らかだろうか?



.
[PR]

# by hannah5 | 2016-07-12 20:31 | 詩のイベント | Comments(0)

日本の詩を読む X ~ 四季派の時代(第6回)   


6回目の「四季派の時代」の講義は立原道造の晩年を中心に行われました(6/27)。晩年と言っても道造は25歳で亡くなっていますから、最後の1年半ほどの話ですが、堀辰雄への訣別を著した「堀辰雄の風立ちぬ論」や、東北や長崎を旅した時に書いた「盛岡ノート」、「長崎ノート」、日本浪漫派の芳賀檀(はが まゆみ)への献辞として書かれた「何處へ?」など、信濃追分の高原を詠った頃に現れていた抒情的な部分とは異なる方向へ行き始めていた道造について、講義が進められました。教室で読んだ作品は「石柱の歌」、「晩秋」、「何處へ?」、12月6日付の日記(一部)、野村喜和夫さんが「道造ベース」として書かれた「ヒアシンスハウスまで アリュージョン立原道造」と「のちのおもひに パラフレーズ立原道造」、吉本隆明が道造について触れている詩集『固有時との対話』(一部)でした。



何處へ?
      Herrn Haga Mayumi gewidmet


深夜 もう眠れない
寝床のなかに 私は聞く
大きな鳥が 飛び立つのを
――どこへ?・・・・

吼えるやうな 羽搏きは
私の心のへりを 縫ひながら
眞暗に凍つた 大氣に
ジグザグな罅をいらす

優しい夕ぐれとする對話を
鳥は 夙(とう)に拒んでしまつた――
夜は眼が見えないといふのに

星すらが すでに光らない深い淵を
鳥は旅立つ――(耳をそばたてた私の魂は
答のない問ひだ)――どこへ?




b0000924_12424348.jpg
            『暁と夕の詩』復刻版





.
[PR]

# by hannah5 | 2016-07-04 20:11 | 詩のイベント | Comments(0)

日本の詩を読む X ~ 四季派の時代(第5回)   


「四季派の時代」の5回目は立原道造が詩集を刊行し始めた頃の23歳までを中心に講義が行われました(6/20)。この23歳までの時期は、堀辰雄と出会ったことにより 『四季』 の同人となって詩人としての活動場所を得たことや、立て続けに2冊の詩集 『萱草に寄す』、『暁と夕の詩』 を刊行したこと、さらに東大の建築科に入学し、小住宅の設計で3年連続して辰野賞を受賞するなど、詩人としても建築家としても将来に向かって大きな礎を築いた時期でした。教室では 『萱草に寄す』 から「はじめてのものに」、「またある夜に」、「晩き日の夕べに」、「わかれる昼に」、「のちのおもひに」、野村喜和夫さんが「近未来近代」に発表された「ヒヤシンスハウスまで アリュージョン立原道造」と「のちのおもひに パラフレーズ立原道造」、吉本隆明の道造論「固有時との対話」(一部)を読みました。

立原道造は高村光太郎と並んで、若い頃、大人の人生が今まさに始まろうとしていた時期に私がもっとも強く影響を受けた詩人です。教室で道造の詩を読みながら、あの頃の孤独や痛み、哀しみやある運命的な出会いなどが一気に甦ってきて、心臓がどきどきしっぱなしでした。




のちのおもひに


夢はいつもかへつて行つた 山の麓のさびしい村に
水引草に風が立ち
草ひばりのうたひやまない
しづまりかへつた午さがりの林道を

うららかに青い空には陽がてり 火山は眠つてゐた
――そして私は
見て来たものを 島々を 波を 岬を 日光月光を
だれもきいてゐないと知りながら 語りつづけた…..

夢は そのさきには もうゆかない
なにもかも 忘れ果てようとおもひ
忘れつくしたことさへ 忘れてしまつたときには

夢は 真冬の追憶のうちに凍るであらう
そして それは戸をあけて 寂寥のなかに
星くづにてらされた道を過ぎ去るであらう




.
[PR]

# by hannah5 | 2016-06-28 20:56 | 詩のイベント | Comments(0)