国際現代詩シンポジウム ―「詩と幼年時代」―   


7月1日(金)、「詩と幼年時代」と題して日中の詩人たちによるシンポジウムがありました(於城西大学)。午前中は中国人民大学の教授で魯迅の研究者、高旭東さんの魯迅に関する講演があり、午後は日中の現代詩人たちによる朗読会と座談会がありました。高旭東さんの講演は時間の関係で行けませんでしたが、午後からの朗読会と座談会を聴講しました。

最初に座談会があり、各詩人が自分の幼年時代はどのようなものだったか、それは現在の詩作にどのような影響を与えているか、また自分にとって幼年時代は何を意味しているかなどを述べた後、それに対する応答や感想が各詩人から述べられました。興味深かったのは幼年時代は自分の人生の原風景であるとする意見や、幼年時代は物事をありのままに受けているため、それが現在の創作のもっとも大きな原点になっているという認識を日中両方の詩人たちの多くが共通してもっていることでした。(通訳がひどくて、中国人の詩人たちの言っていることが全部伝わらなかったのはちょっと残念でした。)座談会の後は、各詩人がそれぞれ1篇ずつ自分の詩を朗読しました。参加した詩人は中国から楊克(Yang Ke)、梁暁明(Liang Xiao Ming)、樹才(Shu Cai)、華清(Hua Qing)、从容(Cong Rong)、田原(Tian Yuan)、日本からは宇佐美孝二、竹内新、新延拳、野村喜和夫、三角みづ紀、水田宗子でした。(敬称略)

印象に残った詩を日中それぞれから1篇ずつ。




あまのがわ

   三角みづ紀


わたしには
世界が足りないと
示された午後
錠剤が友達でした
お母さん、
それが毒だと
あなたは何故云えるのか

おいてかれたくないんだ
って
呟いたサカイメのひと
わたしも
って
云えなかったのは
別の船を選択していたから
お母さん、
あなたは
何色の船に乗るのか

お母さん、
あなたが隠した
ヒントはいまでも
島に埋まっている
ことを
知っていますか
あなたの娘は
インクに血液を
忍ばせている
わたしの意志ではない
血がそうさせるのだ

お母さん、
わたしはもう
果ての果てまできてしまって
あなたの織りかけの布だけが
到達しているのだと
おもう

わたしには世界が足りない
世界が足りないことを
産まれながらに知った
わたしには
錠剤が必要で
それが毒だと
手足ができるより先に
知ってはいたのだ





1990年9月15日 (竹内新訳)

   樹才


私には空の庭があるのだから
どうして地上に住まう必要があろう?
9月 それは林檎の木に 熟れ 腐乱して……

季節は瀑布 9月よ!
9月はすべてを暗示してしまっている
だがプロセスを踏まなければならない まだ途中なのだ

何故ならいつか必ず起こることであり 私以前にも
すでに発生していたことだからだ
生は命じている 悲嘆にくれて頭を垂れよと
見よ 私たちは畢竟粘土から成る人間なのだ!

星がもし光を発しないなら 空は安らかだろうか?
私は悲劇の信条のなかでしか
空を祝福することができない

空よ 空 おまえは私を
思う存分に舞い上がらせる
私は この肉体が落下したとしても惜しくはない

魂がもし光を発しないなら 肉体は安らかだろうか?



.
[PR]

# by hannah5 | 2016-07-12 20:31 | 詩のイベント | Comments(0)

日本の詩を読む X ~ 四季派の時代(第6回)   


6回目の「四季派の時代」の講義は立原道造の晩年を中心に行われました(6/27)。晩年と言っても道造は25歳で亡くなっていますから、最後の1年半ほどの話ですが、堀辰雄への訣別を著した「堀辰雄の風立ちぬ論」や、東北や長崎を旅した時に書いた「盛岡ノート」、「長崎ノート」、日本浪漫派の芳賀檀(はが まゆみ)への献辞として書かれた「何處へ?」など、信濃追分の高原を詠った頃に現れていた抒情的な部分とは異なる方向へ行き始めていた道造について、講義が進められました。教室で読んだ作品は「石柱の歌」、「晩秋」、「何處へ?」、12月6日付の日記(一部)、野村喜和夫さんが「道造ベース」として書かれた「ヒアシンスハウスまで アリュージョン立原道造」と「のちのおもひに パラフレーズ立原道造」、吉本隆明が道造について触れている詩集『固有時との対話』(一部)でした。



何處へ?
      Herrn Haga Mayumi gewidmet


深夜 もう眠れない
寝床のなかに 私は聞く
大きな鳥が 飛び立つのを
――どこへ?・・・・

吼えるやうな 羽搏きは
私の心のへりを 縫ひながら
眞暗に凍つた 大氣に
ジグザグな罅をいらす

優しい夕ぐれとする對話を
鳥は 夙(とう)に拒んでしまつた――
夜は眼が見えないといふのに

星すらが すでに光らない深い淵を
鳥は旅立つ――(耳をそばたてた私の魂は
答のない問ひだ)――どこへ?




b0000924_12424348.jpg
            『暁と夕の詩』復刻版





.
[PR]

# by hannah5 | 2016-07-04 20:11 | 詩のイベント | Comments(0)

日本の詩を読む X ~ 四季派の時代(第5回)   


「四季派の時代」の5回目は立原道造が詩集を刊行し始めた頃の23歳までを中心に講義が行われました(6/20)。この23歳までの時期は、堀辰雄と出会ったことにより 『四季』 の同人となって詩人としての活動場所を得たことや、立て続けに2冊の詩集 『萱草に寄す』、『暁と夕の詩』 を刊行したこと、さらに東大の建築科に入学し、小住宅の設計で3年連続して辰野賞を受賞するなど、詩人としても建築家としても将来に向かって大きな礎を築いた時期でした。教室では 『萱草に寄す』 から「はじめてのものに」、「またある夜に」、「晩き日の夕べに」、「わかれる昼に」、「のちのおもひに」、野村喜和夫さんが「近未来近代」に発表された「ヒヤシンスハウスまで アリュージョン立原道造」と「のちのおもひに パラフレーズ立原道造」、吉本隆明の道造論「固有時との対話」(一部)を読みました。

立原道造は高村光太郎と並んで、若い頃、大人の人生が今まさに始まろうとしていた時期に私がもっとも強く影響を受けた詩人です。教室で道造の詩を読みながら、あの頃の孤独や痛み、哀しみやある運命的な出会いなどが一気に甦ってきて、心臓がどきどきしっぱなしでした。




のちのおもひに


夢はいつもかへつて行つた 山の麓のさびしい村に
水引草に風が立ち
草ひばりのうたひやまない
しづまりかへつた午さがりの林道を

うららかに青い空には陽がてり 火山は眠つてゐた
――そして私は
見て来たものを 島々を 波を 岬を 日光月光を
だれもきいてゐないと知りながら 語りつづけた…..

夢は そのさきには もうゆかない
なにもかも 忘れ果てようとおもひ
忘れつくしたことさへ 忘れてしまつたときには

夢は 真冬の追憶のうちに凍るであらう
そして それは戸をあけて 寂寥のなかに
星くづにてらされた道を過ぎ去るであらう




.
[PR]

# by hannah5 | 2016-06-28 20:56 | 詩のイベント | Comments(0)

日本の詩を読む X ~ 四季派の時代(第4回)   


「四季派の時代」の4回目は当初の予定を少し変更し、三好達治の戦後詩と丸山薫の詩について講義が行われました(「三好達治-戦後の詩/丸山薫」)(6/13)。三好達治も丸山薫も四季派を代表する詩人ですが、二人を比較するとその作風にはかなりの違いがあります。三好達治は「半紙に墨を落とすとじわーっと広がっていく感じ」、丸山薫は「くっきりとペン書きした感じ」と、野村喜和夫さんはわかりやすく説明されましたが、読んでみるとなるほどと思いました。船員になることを夢見ていた丸山薫でしたが、病気のためその夢をあきらめざるを得ませんでした。そのせいか、丸山薫の詩には船や海が多く登場します。読んだ作品は三好達治の「落葉つきて」、丸山薫の「河口」、「錨」、「帆が歌つた」、「ランプが歌つた」、「鴎が歌つた」、「離愁」、「砲塁」、「幼年」、「海暮れる」でした。



海暮れる

    丸山薫


 僕は水葬礼の話をした。帆布の柩を軋らせておろし、散髪の銃音(つつおと)を放つ間を船は三繞(みめぐ)りの墓標を波に描いて去る、あの弔ひの話を――。
 僕はまた天の高い季節風に逆らつて異土の岬を指して翔(と)んでゆく、ロマンチツクな鶴の話をした。

 また練習船の日課操練に聴く奇妙な号令の抑揚と、永く余韻をひく喇叭(らっぱ)の口真似をして、二人掛りで回はす船尾の大舵輪の話をした。

 年少の友は卓の輝きに頬を染めてゐた。僕はもう黙つて杯の手を動かすばかりだつた。
 遂げ得なかつた婚約の希(のぞ)みを思ふと僕は悲しかつた。彼女こそいまもあの日の青春(わかさ)を乳房に抱きしめてゐる! しかも僕の背後(うしろ)に垂れる窓の帳(とばり)のむかふで、飾りをはづし、髪を解き、衣装をすべらし、沖の碇泊燈の一つだけを消し忘れて、言葉もなく暮れていつた。




.
[PR]

# by hannah5 | 2016-06-18 20:56 | 詩のイベント | Comments(0)

日本の詩祭2016 ~起ちあがれ、わがミューズたちよ~   


6月12日(日)、日本現代詩人会主催による日本の詩祭がありました(場所は飯田橋のホテル・メトロポリタンエドモント)。第一部ではH氏賞と現代詩人賞の選考経過報告と賞の贈呈、先達詩人の顕彰で選ばれたお二人の方への記念品贈呈がありました。今年のH氏賞は森本光徳さんの『零余子回報』、現代詩人賞は尾花仙朔さんの『晩鐘』、先達詩人の顕彰は田中清光さんと田村のり子さんが受賞されました。第二部では新倉俊一先生による西脇順三郎についての講演と友部正人さんのフォーク演奏がありました。新倉先生の西脇順三郎の話は大変面白く、機会があれば新倉先生の講義を聴講したいものだと思いました。

【プログラム】

[Ⅰ部]

開会のことば                 理事長    新延拳
★第66回H氏賞贈呈
  選考経過報告               選考委員長  郷原宏
  H氏賞贈呈                 会長      以倉絋平
  受賞詩集『零余子回報』について             白鳥央堂
  受賞のことば                         森本光徳
★第34回現代詩人賞贈呈
  選考経過報告選考委員長                川中子義勝
  現代詩人賞贈呈             会長      以倉絋平
  受賞詩集『晩鐘』について                原田勇男
  受賞のことば                        尾花仙朔
★先達詩人の顕彰
  先達詩人への敬意・記念品贈呈   会長      以倉絋平
  田中清光氏について                   鶴岡善久
  田村のり子氏について                  清岳こう
  先達詩人のことば                     田中清光
                                   田村のり子
★詩の朗読                           森本光徳
                                   尾花仙朔
司会 黒岩隆、斉藤貢、須永紀子

[Ⅱ部]
★講演                              新倉俊一
                                   聞き手 八木幹夫
★フォーク演奏                         友部正人
(敬称略)


b0000924_20434511.jpg
西脇順三郎について講演される新倉俊一先生



.
[PR]

# by hannah5 | 2016-06-14 20:46 | 詩のイベント | Comments(0)

日本の詩を読む X ~ 四季派の時代(第3回)   


「四季派の時代」の3回目は「三好達治~ 『測量船』 以後」と題し、『測量船』以後に出された三好達治の詩集の中から特に 『何窗集』、『閒花集』、『山果集』、『霾』、『艸千里』 を中心に講義が行われました(5/30)。また、四季派について論じた吉本隆明の「「四季」派の本質-三好達治を中心に」(「文学」(1958.4)も併せて取り上げられました。(吉本隆明は初期の頃、四季派、特に立原道造から影響を受けたそうですが、興味深いエピソードです。)読んだ作品は 『何窗集』 から「鴉」、「首途」、「展墓」、「路上」、「服喪」、『閒花集』 から「揚げ雲雀」と「ある写真に」、『山果集』 から「燈下」、「一枝の梅」、「日まはり」、『霾』 から「大阿蘇」、『艸千里』 から「涙」、「艸千里浜」、「あられふりける」、「おんたまを故山に迎ふ」、「列外馬」でした。






静な村の街道を 筧が横に超えてゐる
それに一羽の鴉がとまつて 木洩れ陽の中に
空を仰ぎ 地を眺め 私がその下を通るとき
ある微妙な均衡の上に 翼を戢(おさ)めて 秤(はかり)のやうに揺れてゐた




友を喪ふ 四章

  首途

真夜中に 格納庫を出た飛行船は
ひとしきり咳をして 薔薇の花ほど血を吐いて
梶井君 君はそのまま昇天した
友よ ああ暫らくのお別れだ…… おつつけ僕から訪ねよう!


  展墓

梶井君 今僕のかうして窓から眺めてゐる 病院の庭に
山羊の親仔が鳴いてゐる 新緑の梢を雲が飛びすぎる
その樹立の向うに 籠の雲雀が歌つてゐる
僕は考へる ここを退院したなら 君の墓に詣らうと


  路上

巻いた楽譜を手にもつて 君は丘から降りてきた 歌ひながら
村から僕は帰つてきた 洋杖(ステッキ)を振りながら
……ある雲は夕焼のして春の畠
それはそのまま 思ひ出のやうなひと時を 遠くに富士が見えてゐた


  服喪

啼きながら鴉がすぎる いま春の日の真昼どき
僕の心は喪服を着て 窓に凭れる 友よ
友よ 空に消えた鴉の声 木の間を歩む少女らの
日向に光る黒髪の 悲しや 悲しや あはれ命あるこのひと時を 僕は見る

(三好達治詩集 『何窗集』 より)




.
[PR]

# by hannah5 | 2016-06-09 17:20 | 詩のイベント | Comments(0)