「日本の詩を読む/世界の詩を読む」第3期-「日本現代詩アンソロジー 1990-2015 を編む試み」第4回   


4
回目の講義は「新鋭たち」と題して、2000年代になって登場した若い詩人たちが取り上げられました(422日)。これまで取り上げられた詩人たちとはまったく異なる言語感覚と表現方法を持つこの新しい詩人たちの作品は、取っつきにくさやわかりにくさはあるものの、教室の参加者たちには好意をもって受け取られました。取り上げられた詩人と作品は岸田将幸の「ゼリー、ゼリー」、中尾太一の「a viaduct」(一部)、三角みづ紀の「私達はきっと幸福なのだろう」、岡本啓の「コンフュージョン・イズ・ネクスト」、暁方ミセイの「呼吸が丘 二〇〇九年五月十四日」、最果タヒの「2013年生まれ」、文月悠光の「適切な世界の適切ならざる私」でした。






呼吸が丘 二〇〇九年五月十四日


       暁方ミセイ



緑色地帯から

発光している

しがつの霊感の、稀薄な呼気だけを肺胞いっぱいに詰めて

そのまま一生沈黙したい

水の気配として震えがおしえる、ごくわずかな青い朝に、

くちびるを押し開く時はもう

わたしは世界よりも大きくふやけあがっていて

飲み込むことで

見ることへと、消えてしまいたい

あらゆる怒声や歓喜や眼差し、腕や足の、赤いものたちが

渾身で打ち寄せる壁には

粉砕されて散り散りになる いっしゅんの呼吸が

繰り返されているだろう、

そしていつも世界が次へと運ぶだろう

朝へと 朝へ


静かになるためには、眼差しを一枚ずつ重ねていった

おもたい青空の、見える一層一層から

そこに薄くのびている空気が動く、光の稜線としてわかる

貫く紅色スペクター

もっとも

空に近い臓器の、血管が、

伸び、広がり、充実していく

赤血球で豊かになる世界に

馬や鹿のうつくしいみどりの眼もあった

あるいは腐葉土の中の虫たちも

それら組織液の中に取り込まれ、ゆっくりと回転させながら、

野をこえ、山をいだき、

血液はどこまでも

そのひとつひとつが眼差しとなって拡散していく

眠気で目覚めはじめる色彩のような

身体のいちばん奥にある

やわらかな結合を一本ずつ

ほどいていくと

おもたい細胞のひとつひとつが水気を思い返し

いまやどこまでもひとつずつとなって

風景を再び

構成するだろう







コンフュージョン・イズ・ネクスト


       岡本啓



肩のあまったシャツ

もたれかけた指をはなすと

頬にニュースのかたい光があたった

あっおれだ、いま

映った、いちばん手前だ ほらあいつ、ほら

いま煉瓦を投げつける


きみは興奮しながらスープの豆を口に運ぶ

母親がひたしたスープ

煙がくるなか、担架を 肌のちがう二人が持ちあげて

走りさる


こんなちいさなふやけた芯が 四肢を一日燃やすのか

舌で こうやって

怒りの殻を 剥ぎとってくと

一粒のおののく歌もおれにはない

おれは恥ずかしい、いまも

ショーウィンドーを どうしようもなく

たたき潰したい

こんなこと、あっていいのか

ヨウナシ、においはしない

拳に似た、輪郭ののか なにもない


ちがう

ぼくが言う くだけちったガラス

あらゆるものが萎れるんだ

ほんとうに宇宙は

なにもない

一人の女から産まれて

ここにいる それじたいが 暴動だ







[PR]

by hannah5 | 2018-05-11 22:54 | 詩のイベント | Comments(0)

<< 「日本の詩を読む/世界の詩を読... 「日本の詩を読む/世界の詩を読... >>